アストンマーティン・レーシングの快挙!ヴァンテージ GTEがクラスでダブル優勝

Aston Martin

FIA 世界耐久選手権(WEC)第2戦 富士6時間耐久レースが開催され、アストンマーティン・ヴァンテージ GTE が、GTE Pro クラスと Am クラス両方で初となるクラスでダブル優勝を成し遂げた。アストンマーティンにとって、ダブル・クラス優勝を挙げたのは2016年メキシコ以来だ。

95号車アストンマーティン・ヴァンテージ GTE Pro マシンのステアリングを握る、マルコ・ソーレンセン/ニッキー・ティーム組は、完璧な判断とパフォーマンスで、2019-2020 シーズン初勝利を挙げた。ヴァンテージ GTE にとって、このニューマシンが 2018年5月に投入されて以来、2勝目となる。一方、GTE Am クラスでは、ポールポジションからスタートした TF Sport が、圧倒的な速さでポール・トゥ・ウインを飾った。

ソーレンセンは3番グリッドからレースをスタート。Proクラスで上位争いを展開する3メーカーのマシンによる戦いの中で、スタート1時間経過後に2番手に浮上。さらに、メインストレートでスリップストリームを使ってトップに躍り出ると、95 号車はソーレンセン/ティームデンマーク組がレースをコントロールする。



その後、95号車と異なる戦略を採用した、アレックス・リン/マキシム・マルタン組の97号車が一時的に首位に立ったが、断続的に雨が降る中で完璧な走りを見せたデンマーク組が再びレースを支配。最終的に、リン/マルタン組のヴァンテージ GTEが3位でフィニッシュし、GTE Pro クラス初でダブル表彰台を獲得した。

ティーム/ソーレンセン䛾デンマーク組にとって今回の優勝は5度目となり、過去6戦のWECでも3回勝利を収めている。今回の優勝によって、ティームとソーレンセンは、GTE Pro クラスのドライバー・ランキングでトップとわずか 1 ポイント差で2位につけている。マニュファクチャラーズ・ランキングでも、合計 65ポイントを獲得したアストンマーテンは2位となっている。

「このような勝利を収めるために、これまで努力を続けてきました」と、ソーレンセンはコメント。「レースの最初1時間でトップ争いに加わることができて良かったです。首位に立ってから䛿、あっという間にレースが終了したように思えました。これ䛿、アストンマーティンにとって重要な勝利であり、チームを大変誇りに思っています。本当に嬉しいです」

ティームは、次のように付け加えた。「ウィナーとしてここに立つことができて、素晴らしい気持ちです。今日䛾走り見れば分かるように、WECはGTE Proクラスで、世界最高といえるレースの一つです。ライバルとの差がほとんどなかったなかで、どのような状況でも戦えるように、2 台マシンで戦略を変えてレースに臨み、その戦略が見事に功を奏しました。ハードワークを続けてくれたチームを本当に誇りに思います。彼らが集中力を切らさずに働いてくれたおかげで、マシンのペースを完全にコントロールすることができました。アストンマーティンにとっても素晴らしい結果をもたらすことができました」

今回で、ヴァンテージ GTE がAmクラスで出場資格を獲得してから2回目のレースとなるが、TF Sportで素晴らしいパフォーマンスを発揮した。ポールポジションからスタートした真っ赤なヴァンテージ GTE 90号車は、トップの座を一度も譲ることなくチェッカーフラッグを受けた。サリフ・ヨロックは、WEC で優勝した最初のトルコ人となった。



その一方で、AMR ワークスドライバー䛾ジョニー・アダムとチャーリー・イーストウッドにとっても待望の勝利となった。TF Sportは、過去2シーズンで、4回2位表彰台を獲得している。

アストンマーティン・レーシングのマネージング・ディレクターを務めるジョン・ガウは、次のように述べている。「今回の結果は、ヴァンテージ GTE の高いポテンシャルを示す絶好の機会となりました。デンマーク人コンビは、素晴らしいパフォーマンスを見せてくれました。マルコは最初1時間に圧巻の走りを見せ、ニッキーは雨が降った時にも適切に対応して、スティント全体で際立っていました。また、テクニカルパートナーのミシュランも、新しいタイヤを持ち込んで、ドライ・コンディションでライバルと同等に走れることを示しました。これによって、私たちのマシンは戦闘力と高さを証明することができたと思います。アレックスとマックスも表彰台でフィニッシュして、チームの努力に報いてくれました。今日は、アストンマーティンにとって本当に素晴らしい一日となりました。GTE Am クラスで待望の勝利を収めたTF Sport を祝福したいと思います」

WEC 第3戦の上海4時間レースは、11月10日に開催される。

オクタン日本版編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

RANKING人気の記事