最高出力300馬力のメガーヌ ルノー・スポール トロフィー発売

Renault

ルノーがモータースポーツで培ってきたノウハウが注ぎ込み、生み出されたメガーヌ ルノー・スポール トロフィーが登場。メガーヌ ルノー・スポール トロフィーは、世界中の自動車メーカーが開発のためにテストを行い、ラップタイムを競うニュルブルクリンクサーキットで、量産 FF 車最速の記録を塗りかえてきたDNA を受け継ぐモデルである。

新たに搭載されるエンジンは、最高出力が300ps、最大トルクが 420Nm(EDC)/400Nm(MT)に高められ、メガーヌ ルノー・スポール史上最もパワフルとなった。シャシーは、コーナリングスピードの向上を目的に、メガーヌ ルノー・スポールのダンパー、スプリング、アンチロールバーのレートを高めてロールを抑えた「シャシーカップ」が採用されている。このシャシーに、走行安定性と高い操舵性を両立するトルセン®LSD、冷却性能の向上と軽量化を実現した前輪アルミ製ハブ/鋳鉄製スリット入りベンチレーテッドディスク、スポーツエキゾーストを装備し、クローズドコースでのスポーツドライビング性能が高められている。



アクセルに対する応答性の向上のために、ターボチャージャーには F1 でも使用されているセラミックボールベアリングシステムが取り入れられている。200,000rpm/分近くで回転するタービンがスチールよりも軽く、硬く、滑らかなセラミックのボールベアリングシステムに取り付けられることで摩擦が従来のスチールのボールベアリングシステム比3分の1に低減し、ターボの応答性を向上させた。

メガーヌ ルノー・スポールにも装備されている、ワインディングでは際立つ俊敏さを、高速コーナーでは高い安定性を生み出す4コントロール、そしてダンパー内に第2 のダンパー(セカンダリー ダンパー)を持つ4輪ハイドロリック・コンプレッション・コントロール(HCC)が組み合わされる。


メガーヌ ルノー・スポール トロフィーには、任意のエンジンサウンドを選択できるアクティブバルブ付スポーツエキゾーストが採用された。マフラー内に設けられた2つの排気ルートのひとつに機械式バルブが取り付けられ、バルブが閉じられると、低周波数を除去し、中周波数を最適化した、スポーティでありながら騒音レベルを抑えた、日常の使用に適したサウンドとなる。一方、バルブが開くと、排気は流動抵抗が小さい、より直接的な経路を通り、エンジン性能をフルに引き出すとともに、スポーツモデルにふさわしいエンジンサウンドとなるのだ。



日常的に走りを楽しみたい人々にとって毎日の相棒として最適な1台だ。


メガーヌ ルノー・スポール トロフィー EDC  499万円(税込)
メガーヌ ルノー・スポール トロフィー MT  489万円(税込)

オクタン日本版編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

RANKING人気の記事