より一層ラグジュアリーに│メルセデス・ベンツSクラス特別仕様車登場

Mercedes-benz

メルセデス・ベンツの最高級セダン「Sクラス」に特別仕様車「Grand Edition」が追加された。

メルセデス・ベンツSクラスは、いつの時代も世界の自動車の指標とされてきたメルセデスのフラッグシップモデル。2013年には、時代の最先端を行く「インテリジェントドライブ=知能を備えた革新的テクノロジー」、「究極の快適性」、「徹底した効率向上」をコンセプトに、新時代のプレステージカーとして登場し、累計販売台数は世界で30万台を超え最も 選ばれているラグジュアリーセダンの一つとなった。

そして2017年、安全性と快適性、効率性を高次元で融合するインテリジェントドライブがさらに大きく進化、クルマが通信機能を持ち利便性を飛躍的に向上させる「Mercedesメルセデス meミー connectコネクト」を初導入、新開発のパワートレインの導入など、安全性と快適性、効率性など自動車に求められるあらゆる要素を兼ね備えて生まれ変わったのだ。

今回、ノーマルボディのラインアップに追加する「S 400 d Sports Limited」、「S 400 d 4MATIC Sports Limited」と「S 450 Exclusive Sports Limited」は、人気の装備であるAMGラインや、パノラミックスライディングルーフやエアバランスパッケージ(空気清浄機能、パフュームアトマイザー付)が含まれるベーシックパッケージを標準設定とした。

また、ホイールは20インチAMGマルチスポークホイールを採用。インテリアには、AMGスポーツステア リングやブラックポプラウッドインテイリアトリムを標準化し、内装にスポーティーな印象を 与えます。装備が充実し、運転する楽しみが向上している。S 560 longとS 560 4MATIC longには、それぞれ、ドライバーズカーとして運転する楽しさを追求する要素を強めた「Sports Limited」と、ショーファーカーとして、後席での快適性を 強化し、ラグジュアリーなエクステリアを採用した、「Chauffeured Limited」を設定。

Sports Limitedでは、AMGライン プラスを標準装備とし、ホイールには20インチAMGマルチスポークホイールを採用。インテリアには、AMGスポーツステアリングやブラックポプラ ウッドインテイリアトリムを標準化し、内装にスポーティーな印象を与える。また、Chauffeured Limitedでは、後席に特化したショーファーパッケージを標準化して後席の利便性・快適性を高められているのだ。リクライニング機能や独自のリラクゼーションプログラムを備えたエグゼクティブリアシートが快適性も飛躍的に向上している。後席にも新たに ワイヤレスチャージングも備わり、移動をより快適にしている。

ホイールにはエレガントな 19インチのディッシュホイールを採用し、さらにラグジュアリーな印象を与える。ラグジュアリーさ、実用性、ドライブの楽しさを求めるユーザーには最適な1台であろう。


S 400 d Sports Limited 1104万5455円(税抜)~

オクタン日本版編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

RANKING人気の記事