世界中で最も注目されるパティシエによるブラックアフタヌーンティー

アマン東京では、フランス・リヨンに本店を構えるパティシエ セバスチャン・ブイエを招き、33階「ザ・ラウンジ by アマン」にて2019年11月18日(月)から11月24日(日)まで、7日間限定のスペシャルなアフタヌーンティー、「ブラックアフタヌーンティー by セバスチャン・ブイエ」(5,600円 税・サ別)を提供する。 

今回は、史上最年少でフランスの名門ルレ・デセール協会入会を果たしたパティシエ、セバスチャン・ブイエを招いてのスペシャルアフタヌーンティー。世界中で最も注目されるパティシエの一人であるセバスチャンは、そのモダンな店構えとバラエティに富んだお菓子の数々で、リヨンのみならず世界中のグルメ愛好家を虜にし、国内の店舗においても力強く、美しいクリエーションを披露しています。期間中はシェフ、セバスチャン自らがスペシャルなアフタヌーンティーを振舞う。日本でセバスチャンのデザートをアフタヌーンティーとして楽しめる初めての機会である。

セバスチャンはフランス第二の都市、リヨンに生まれ、幼いころより父親の店の手伝いをはじめ、パティシエの世界に15歳で飛び込んだ。「パトリック・シュヴァロ」などの有名なパティスリーで修業を積み、パリの「ジェラール・ミュロ」にてシェフパティシエとして腕を磨いたのち、両親の店を継ぎパティスリー「ブイエ」のオーナーシェフとなった。史上最年少でフランスの名門ルレ・デセール協会に入会する栄誉に恵まれた彼は、今世界中の注目を集めているパティシエといえる。



今回のアフタヌーンティーは、「ザ・ラウンジ by アマン」で人気を博している「ブラックアフタヌーンティー」の、“旅”のコンセプトはそのままに、セバスチャンによる伝統的かつ華麗なクリエーションを堪能できる。通常の「ブラックアフタヌーンティー」と同じく、6種のスイーツの中から好きな4種をセレクトし、カスタマイズのアフタヌーンティーを楽しむことができる。

“ブルーベリーとラズベリーのクーリー”を使用した、ウェルカムシャンパンカクテルからはじまるアフタヌーンティーでは、セバスチャンが得意とする見た目にも美しいフランスの伝統的なスイーツも。〝季節の栗とカシスのタルト”や〝パリブレスト”など、セバスチャンこだわりのクラシックなスイーツを匠の技でモダンにそしてアーティスティックに仕上げ、アマン東京オリジナル黒竹スタンドを彩る。

セイボリーは、セバスチャンのオーセンティックで美しいスイーツに合わせ、〝リヨンソーセージミニバーガー”や、フロマージュブランを使用したさっぱりとした味が魅力の、リヨンの有名な郷土料理〝セルベル・ド・カニュー”など、シンプルでクラシカルなフランス リヨンのレシピを、アマン東京副総料理長 関根崇裕が丁寧に仕上げた5品を用意。セバスチャンの生み出す作品とともに堪能いただきたい。


ブラック アフタヌーンティー by セバスチャン・イエ
料金: 5,600円 (税・サービス料別途)
期間: 2019年11月18日(月)から11月24日(日)まで
時間: 11.30am - 5.00pm
場所: アマン東京33階 「ザ・ラウンジ by アマン」 (営業時間11.00am – 0.00am L.O 11.30pm)  
お問合わせ: レストラン予約03-5224-3339

オクタン日本版編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事