日本仕様史上最強のゴルフ GTIが登場│レーシングカーのストリートバージョン?

Volkes wagen

ゴルフ GTI のパフォーマンスを最大限まで高めた限定車 ゴルフ  GTI TCRが登場。WTCR(ワールド・ツーリング・カー・カップ)”に参戦するレーシングカーのストリートバージョンとして開発されており、日本で今まで販売したゴルフ GTIモデルの中で史上最強のモデルとなる。

パワートレインは、現行のゴルフ Rの2.0LTSIエンジンをベースに、専用チューニングを施し、
最大出力はゴルフ GTIよりも60PSアップした213kW(290PS)、最大トルク380Nmを発揮する。7速DSGとの 組み合わせにより、0-100km/h加速5.6秒を記録。その他、電子制御油圧式フロントディファレンシャルロックや 大径ブレーキディスク(前後輪共ベンチレーテッドディスク)、官能的なエキゾーストサウンドを奏でる “アクラポヴィッチ”チタンエキゾーストシステムなどの特別装備を採用し、GTIのパフォーマンスを最大限まで高めている。


 
インテリアには、TCR専用ファブリック&マイクロフリースシートを装備し、赤いラインをアクセントとした 新デザインのシートトリムがひときわスポーティな室内に演出している。さらに、ステアリングホイールは12時のポイントに赤いアクセントの入った専用ステアリングを採用するほか、フロントドアを開けると地面にTCRロゴを映し出すプロジェクション機能など、高揚感を高めるアイテムが満載だ。



ボディカラーは専用色のピュアグレーを含む全4色での展開。リヤディフューザーや サイドスカート、フロントリップスポイラーといったブラックペイントされた専用エクステリアパーツに加え、 ドアミラーと共にルーフもブラックペイントとなり、足元に採用したマットブラックの専用19インチ アルミホイールとのコンビネーションにより、精悍なエクステリアデザインとなっている。  

限定600台で、納車は11月以降を予定している。価格は税込みで509万8000円。

オクタン日本版編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

RANKING人気の記事