1967年 メルセデス・ベンツ 230でイタリアからイギリスまでロードトリップ

Photography: Massimo Delbo

2016年に息子が生まれてから、フィンテールのメルセデスを運転する機会をなかなか作ることができなかった。というのも、イタリアでは1973年以前に製造されたシートベルトが無い、つまりこのフィンテールのような車は合法ではあるが18歳以下の人間を乗せることができないのだ。14歳までの子供はシートベルトをしたうえでチャイルドシートに座る必要がある。

そこで、息子をこの230に乗せるためにもシートベルトを備えることを決意した。しかし、さらなる問題としてイタリアでパーツを手に入れようとすると、ホームセンターで売っているような安っぽいクオリティー、デザインのものしかなかったのだ。とはいえ、現状として必要なのは“安全性”である。オリジナルは保てないが、そこは妥協しなければならない。

私の家から870マイルのイギリスにあるクイックフィット・セーフティー・ベルトサービスまでドライブしていった。ちょうど、コンクールの審査員をするためにイギリスに行く必要もあったし、"テストカー"として長距離走る必要もあったため、ドライブに出るという理由付けとしてもぴったりだった。クイックフィットに着いてすぐにベルトを装着してもらい、準備万端。

イギリスまでの長距離ドライブは、正直心配なところがあったが特に大きなトラブルもなくまたしてもメーターに距離を刻んだだけだった。唯一、按針オイルがヘーゼルナッツ色に変わっていたくらいであろうか。しかし、この車でこれしか起きないのであれば完璧である。これからは息子を乗せることもできるし、さらに思い出が増えていくであろう。

Words: Massimo Delbo 訳:オクタン日本版編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事