セイコー「クオーツ アストロン」誕生50周年記念モデル 50本限定で登場

世界初のGPSソーラーウオッチ セイコー アストロンより、世界初のクオーツウオッチ クオーツ アストロンの誕生50周年を記念したトリビュートモデルが発表された。

1969年12月25日、セイコーは世界初のクオーツ式腕時計 クオーツ アストロンを発売し、世界を驚かせた。月差±5秒以内という腕時計の歴史を変えた高い時間精度は、当時の世界の人々のライフスタイルを一変させ、「クオーツ革命」とも呼ばれている。

また、独自に開発した音叉型水晶振動子、オープン型ステップモーターをはじめ、特許権利化した技術を公開することで、アナログクオーツウオッチの世界的普及に大きく貢献し、現在においてもクオーツ腕時計の世界標準となっている。



時計技術に大きな改革を実現したことが評価され、2014年には日本機械学会によって「機械遺産」に、2018年には国立科学博物館によって「未来技術遺産」にそれぞれ認定された。クオーツ アストロン誕生から50年の節目を迎えた本年は、その名を受け継ぐGPSソーラーウオッチのセイコー アストロンより、多くの記念モデルを展開してきたが、最後を飾るのは、オリジナルモデルに込められた意志や未来への期待を具現化した意匠をコンセプチャルに再現する特別なモデル。


 
18Kイエローゴールド製のケースは、当時のシルエットを踏襲するだけでなく、オリジナルモデルと同じように熟達した宝飾加工職人の手業による特徴的な荒らし彫り模様が施されている。繊細さと雄々しさを兼ね備えた模様は円環を描き、50年の時を経て初志に立ち返り、新たな未来を切り拓こうとするセイコー アストロンの決意を象徴している。

判読性に優れたシンプルなダイヤルレイアウトに加え、スリムでエレガントな当時のフォルムを再現するため、ムーブメントには世界最薄のGPS ソーラーキャリバーである「3X22」を採用。コンパクトでありながら、アストロンの独自機能である「スーパースマートセンサー」、地球上のどこにいても簡単なボタン操作で素早く現地時刻に修正する「高速タイムゾーン修正機能」などの優れた基本性能を有した、最新のGPSソーラームーブメント。

裏ぶたには、限定モデルの証である「Limited Edition」の文字とシリアルナンバーが記されるだけでなく、クラシカルな馬蹄型の枠内に「Commemorating the 50th anniversary of Quartz Astron, released on Dec 25, 1969」のメッセージがマーキングされている。また、50周年の記念ロゴが施された、木目の美しい艶やかな無垢材のスペシャルボックスに納められている。



11月28日(木)より全国および、海外市場において発売。販売数量は50本、希望小売価格は380万円+税。

オクタン日本版編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

RANKING人気の記事