ヴィクトリア&アルバート美術館で車の展覧会│注目のラインナップは?

RM Sotheby's

イギリス・ロンドンにあるヴィクトリア & アルバート美術館にて、"Cars: Accelerating the Modern World" (現代の世界を加速させた車たち)と名付けられた展覧会が開催される。

この展覧会は、リアルな社会や経済の世界において影響を与えた車や、その時代を象徴するようなモデルが並べられる。その中には現存最古の車や、空飛ぶ車のプロトタイプもラインナップするという。

過去に遡ることをテーマとする目的は、カーデザインや進化、社会への影響を改めて感じてもらうことであるという。イタリアの車文化を象徴する1台としては、フィアット600 ムルティプラはが展示される。1958年にブリュッセルモーターショーにて発表されたハッチバックは、最大6人の同乗が可能で快適な空間を持っており、タクシーやファミリーカーとして長年にわたり人気を博した。



この展覧会が開かれるにあたり、普段はイタリアで保管されているような車もイギリスへやってくるそうだ。会期は2019年11月23日から2020年4月19日まで。入場料は無料。

オクタン日本版編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事