H.モーザーより新作が登場 星座のような細かい粒子が輝くダイアル

H.モーザーの新作エンデバー・パーペチュアルムーン コンセプト アベンチュリン モデルは、付ける人の手首に月だけでなく星々も添えて、遥か彼方の銀河の旅へと誘う。インデックスもロゴもない、美しいきらめきのアベンチュリン ダイアルを備え、月を賛美するムーンフェイズにミニマリストの美学と豊かな詩情が漂う。

ピュアな詩情溢れるデザインに、インデックスもロゴも排したコンセプト ダイアルを組み合わせ、まったく自由に月の姿を表現してみせた。そして、月を表現するのならば当然のことながら星もと、さらにその表現を極めた。月の美しさを引き立てるために H. モーザー社が選んだのは、夜空に浮かぶ星座のような細かい粒子が輝くアベンチュリン素材のダイアルであったのだ。

エンデバー・パーペチュアルムーン コンセプト アベンチュリンには、5N レッドゴールドおよびステンレススチールの官能的な2つのモデルが用意された。この2つの素材はアベンチュリン ダイアルの美しさを強調し、さながら星々まで続く階段のよう。最後の仕上げとなるアリゲーターレザー ストラップは、レッドゴールド製モデルがブラック、ステンレススチール製モデルがミッドナイトブルーとなっている。



エンデバー・パーペチュアルムーン コンセプト アベンチュリンには最も正確なムーンフェイズ機能のひとつが搭載されており、その誤差は 1027 年間でわずか1日。自社製手巻キャリバー HMC801 によって駆動され、モーザー独自のモジュール型脱進機を備えており、少なくとも7日間のパワーリザーブを確保し、その表示はムーブメント側に配される。

ムーンフェイズの表示システムは1分以内に設定可能な非常に精度の高いものとなっている。これはケース側面にあるプッシュボタンで簡単に調整することができ、小さな矢の形をしたセンターセコンドは24時間表示として使用される。

技術的な複雑性を体現するモデルであり、エレガントで詩情に溢れ、どこまでも控えめた、最高級の時計製造の伝統にふさわしい時計。疑う余地のない H. モーザー社スタイルの高級時計といえよう。5N レッドゴールド製、ステンレススチール製の各モデルそれぞれ50個の限定製造で発売(税抜480万円)される。

オクタン日本版編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

RANKING人気の記事