初代「マツダ ロードスター」が「2019日本自動車殿堂 歴史遺産車」に選定

MAZDA

マツダの小型オープンスポーツカー「マツダ ロードスター(初代)」が「日本自動車殿堂 歴史遺産車」に選定された。マツダ車が「日本自動車殿堂 歴史遺産車」に選定されたのは、2003年のコスモスポーツに続いて、今回が2回目となる。

「日本自動車殿堂 歴史遺産車」とは、日本の自動車の歴史に優れた足跡を残した名車を選定し、日本自動車殿堂に登録し、永く伝承するもの。「4代にわたる変わらぬコンセプト」、「累計生産台数100万台を超え、世界記録を更新し続けている」、「魅力的なスタイリング、クルマを操る楽しさを提供し、日本の技術水準の高さを世界に知らしめた」という要素が評価された。表彰式は2019年11月15日(金)に学士会館(東京都千代田区)にて行われる。

ロードスターは、1989年の発売以来、30年にわたり、人馬一体の走りがもたらす、ライトウェイトスポーツカー特有の"Fun(楽しさ)"を一貫して提供し続けている。国や文化、世代を超えた多くのユーザーから支持を得て、これまでの累計生産台数は100万台を超えている。

日本だけでなく、「2人乗り小型オープンスポーツカー」生産累計世界一のギネス世界記録をはじめ、世界の国々でも200を超える賞を受賞している。2015年に発表した4代目ロードスターは、「2015-2016 日本カー・オブ・ザ・イヤー」、2016年「ワールド・カー・オブ・ザ・イヤー」「ワールド・カー・デザイン・オブ・ザ・イヤー」をダブル受賞するなど、高い評価を受けている。

マツダは今後も、「感動」を提供し続け、車本来の魅力である「走る歓び」にあふれたカーライフを通じて、人生をより豊かにし、特別な絆を持ったブランドになることを目指していくとのこと。

オクタン日本版編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

RANKING人気の記事