世界最強2リッター4気筒ターボエンジンを搭載したメルセデス・ベンツ登場

Mercedes-benz

メルセデス・ベンツより、 「メルセデスAMG CLA 45 S 4MATIC+」(以下、CLA 45 S 4MATIC+)と「メルセデスAMG CLA 45 S 4MATIC+ シューティングブレーク」(以下、CLA 45 S 4MATIC+ シューティングブレーク)が発表された。

CLA 45 S 4MATIC+ (以降シューティングブレーク含む)は、Aクラスと共に、世界で最もパワフルな2リッター4気筒ターボエンジンを搭載している。最大過給圧2.1バールとなるこのターボエンジンは最高出力421PS、最大トルク500N/mを発生。シャシーやサスペンション、四輪駆動システムやESP®の制御なども全て最新の技術が惜しみなく投入され、メルセデスAMG社のブランドスローガン「ドライビングパフォーマンス」を体現したモデルなのだ。

完全新設計の2.0リッター直列4気筒ターボエンジンの「M139」が搭載し、最大トルクは5,000から5,250rpmの範囲で発生。トルクカーブは自然吸気エンジンに近い特性を実現し、エモーショナルな加速感を味わうことができる。また、レスポンスや吹け上がりの改善も行い、レブリミットも高く、7,200rpmに設定するなど、ピュアスポーツカー並みのエンジン性能を備えている。

このエンジンは、従来と異なり、ターボチャージャーとエグゾーストマニホールドがエンジン後方に、インテークマニホールドなどの吸気系がエンジンの前方に位置する。これにより、エンジン搭載位置が下げられ、操縦性能に貢献するだけでなく、空力的にも有利なものとすることを実現している。

エンジンはメルセデスAMG本社があるドイツ、アファルターバッハで“One man - one engine”という哲学のもと、厳格な品質基準に従って、ひとりのマイスターが一基のエンジンを最初から最後まで責任を持って手作業で組み上げるという生産方式が採用されているということも信頼性をあげている。



フロントには、下側の幅が広く、縦にルーバーが入ったAMG専用ラジエターグリルを採用。このグリルはモータースポーツに由来し、クロームメッキを施した垂直フィンの基本デザインは、1952年メキシコで開催された伝説の公道レース、カレラ・パナメリカーナ・メヒコで優勝したメルセデス・ベンツ300 SLで初めて採用された由緒あるものだ。

アグレッシブな印象を受けるCLA 45 S 4MATIC+にはAMG トラックペースも装備されている。サーキット走行時に80件以上の車両データ(車速、加速度など)を常時記録することが可能。これに加えて、ラップタイムと区間タイムの表示や、それぞれの基準タイムからの差を表示する機能も備えている。特定の項目は緑または赤で表示されるため、数字を読まなくても、最高 タイムより速いか遅いかがひと目で分かる。

サーキットで何周か走り込んだ後は、そのデータをもとに運転スキルを分析し、必要に応じて改善に役立てることができる。さらに、加減速の値(0~100km/h、1/4マイル、100~0km/hなど)の測定と保存も可能。また、車両の位置を可能なかぎり正確に判断する新開発アルゴリズムの搭載により、サーキットから離れた状況や、コースが短縮された場合も認識できるそうだ。

様々な楽しみ方が出来る、新たなメルセデス・ベンツの登場といえよう。


メーカー希望小売価格(税別)
メルセデスAMG CLA 45 S 4MATIC+ 右 2.0L、直4直噴ターボ 856万円
メルセデスAMG CLA 45 S 4MATIC+ シューティングブレーク 右 2.0L、直4直噴ターボ 866万円

オクタン日本版編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

RANKING人気の記事