連綿と続く伝統と家族の絆 CHOPARD ALPINE EAGLE

個性的でスポーツシックなショパールの新作「アルパイン イーグル」は、アルプスの自然とそこに生息する鷲(Eagle)の力強さを宿すコレクションだ。親子三代にわたるメゾンの情熱により、かつてのアイコンモデル「サンモリッツ」が再解釈され現代に蘇った。

1980年、当時22歳だったカール-フリードリッヒ・ショイフレ(現在のショパール共同社長)はメゾンに新しい風を吹き込んだ。ゴールド製、もしくはゴールド&ダイヤモンド製の時計を専門としていたショパールにおいて、ステンレススティール素材を採用したスポーティーなモデルを作り上げたのだ。メゾン初のスポーツウォッチとなった「サンモリッツ」はファミリーの心の故郷といえるアルプスに思いを馳せたもの。発売後はベストセラーとなり、ショパールの代表的作品のひとつとなった。


深みのあるアレッチブルーに、鷲の虹彩をイメージしたガルバニック仕上げ。秒針のエンドは鷲の羽毛をデザインしたものだ
 
40年が経ち、カール-フリードリッヒの息子、カール-フリッツ・ショイフレがこのサンモリッツに新たな解釈を加えて現代に蘇らせたいと、父に懇願した。そのプロジェクトは最初から順調に進んだわけではない。カール-フリードリッヒは、自身にとって不可侵といえるモデルに手を加えられることを厭い、再解釈にも当初は協力的ではなかったという。しかしカール-フリッツの若き情熱に共感した祖父カール・ショイフレの助力も得て、サンモリッツに再解釈を加え、あたらしく進化した作品が世に送り出されることとなる。
 
こうして誕生した新作コレクションが「アルパイン イーグル」である。太陽に向かって飛ぶことができる唯一の鳥類である鷲の力強さからインスピレーションを得た文字盤は鷲の虹彩、秒針はその羽毛、スティールの冷たく美しい反射は氷河を彷彿させ、アルプスの鷲とそのビオトープをイメージすることができる。ベゼルは「サンモリッツ」の特徴だった8本のスクリューで留められ、その意匠を受け継ぐ。



素材として用いられているのはショパール ルーセント スティール A223。4年以上かけて研究開発されたこのスティールは、現在、レア&プレシャスメタルに属し、サプライヤーから唯一ショパールだけに供給されているものだ。非常に耐久性が高く、一般的なステンレススティールの1.5 倍の耐摩耗性を備える。医療用のスティールと類似したクリーンでピュアなマテリアルは、独特な光の反射を生み出し、ゴールドに匹敵する輝きを放つ。


1980年の「サンモリッツ」広告。象徴的な8本のスクリューとケースと一体型のブレスレットは「アルパイン イーグル」にも継承されている。
 
その輝きとしなやかなブレスレットの装着感はきわめて快適。かつ機能的にも審美的にも美しく、ラグジュアリースポーツウォッチとしての「アルパイン イーグル」の存在感を際立たせているといえよう。アルプスの自然に敬意を表し、雪山をイメージしていながらもアウトドア一辺倒のタフなモデルとは一線を画した、ラグジュアリーメゾンが送り出すに相応しいエレガントでシックなスポーツモデルだ。


素材×サイズで10のバリエーションを展開


41mm:自動巻きムーブメント Chopard 01.01-C
1/ルーセント スティールA223ケース×アレッチブルー文字盤(147 万円)
2 / ルーセント スティールA 223ケース×ベルニナグレー文字盤(147 万円)
3/ルーセント スティールA223 & 18K エシカルRG ケース×ベルニナグレー文字盤(225万円)




36mm:自動巻きムーブメント Chopard 09.01-C
4 /ルーセント スティールA 223ケース×アレッチブルー文字盤(115 万円) 
5 /ルーセント スティールA 223ケース×フロスティッドホワイトMOP 文字盤×ダイヤモンドベゼル(164 万円) 
6 /ルーセント スティールA 223 & 18K エシカルRG ケース×ベルニナグレー文字盤(183万円) 
7 /ルーセント スティールA 223 & 18K エシカルRG ケース×フロスティッドホワイトMOP 文字盤×ダイヤモンドベゼル(234万円) 8/ 18K エシカルRG ケース×ベルニナグレー文字盤(343万円) 
9 / 18K エシカルRG ケース×フロスティッドホワイトMOP 文字盤×ダイヤモンドベゼル(395 万円) 
10/ 18 K エシカルRG ケース×シルスグレータヒチ産M O P 文字盤×ダイヤモンドベゼル&ブレスレット(516万円)
価格はすべて税別


問ショパール ジャパン プレス TEL:03-5524-8922 
www.chopard.jp 

文:オクタン日本版編集部 写真:ショパール  Words:Octane Japan Images:Chopard

RECOMMENDEDおすすめの記事