3列シートのラグジュアリーSUV キャデラック 新型 XT6 左ハンドルのみで登場

Octane Japan

ゼネラルモーターズ・ジャパンからキャデラックの新型3列シートSUV「キャデラックXT6」が発表された。は、発売は2020年1月1日。

キャデラック XT6は、2019年1月に北米デトロイトショーでデビューした、まったくのニューモデルだ。ホイールベースがキャデラックXT5と同じでプラットフォームは共有であるが、レイアウトの工夫により3列6人乗りを可能としたラグジュアリーSUVとなっている。



室内空間はクラストップレベルを誇り、前後に140㎜スライドする2列目シートは2座が独立したキャプテンシートで、3列目への乗降がとても楽。また3列目はやや座面を高くしたシアター仕様になっており解放感が保たれている。さらには、2列目3列目は前方可倒式で、長尺物などを積載時の使い勝手に優れる。



最高出力231kW(314PS)/6700rpm、最大トルク368Nm(37.5kgfm)/5000rpmを発揮するV型6気筒DOHC 3.6リッターエンジンは、パワーが必要のない巡航時はアクティブヒューエルマネジメントにより4気筒モードで稼働させることも選べる。組み合わされるトランスミッションは8段AT。「アップシフトに気が付かないほど」スムースと説明があるのでテストが楽しみだ。駆動方式は4WD。モードセレクト機能を備える「インテリジェントAWD」を搭載する。



ハンドルは左のみだが、左ハンドルを選べない輸入車が多くなっている昨今、歓迎されるカスタマーも少なくないはずだ。気になるボディサイズは全長5060×全幅1960×全高1775mm(全長×全幅×全高)。


日本導入モデルは「プラチナム」とデビュー記念30台限定車「NIGHT CRUISE EDITION(ナイトクルーズエディション)」。価格はそれぞれ870万円と910万円。ナイトクルーズエディションには特別色の「サテンスティールメタリック」が用意され、先進的なセーフティ機能「ナイトビジョン」を特別装備する。


ナイトクルーズエディション

また、XT6と同じタイミングで新型「キャデラックXT5」も発表された。XT5ではV型6気筒DOHC 3.6リッターエンジンはそのままだが、組み合わされるATを9段に変更されている。エクステリアはフロントグリルをメッシュタイプに、またサイドモールディングやホイールのデザインを変更した。新たに追加された「プラチナム スポーツ」ではフロントグリルおよびルーフレール等をダーク化。パドルシフトやスポーツチューンドAWD、アクティブダンピングサスなどを搭載している。 価格は650~785万円。


新型「キャデラックXT5」
ゼネラルモーターズ・ジャパンの若松格社長は「電動シートを初めて採用したのもキャデラック。アメリカンラグジュアリーという新しいカテゴリーを開拓したキャデラックのこれからに期待してほしい」と今後の販売について力強くコメントした。  

https://www.cadillacjapan.com/

オクタン日本版編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事