伝説のラリーカー デルタ HF インテグラーレの復刻パーツがオフィシャルで登場!

FCA Heritage

アウレリア、デルタ HF インテグラーレ、フルヴィア、などランチアが生み出してきた名車は多く存在する。それらはすべて、自動車の世界を発展させた存在であるといっても過言ではない。

2018年にフィアット・クライスラーは、これまでのアイコニックなモデルを保存していくためにクラシックパーツの復刻製造を開始した。復刻対象にはランチアのモデルも含まれている。その中のひとつであるデルタ HF インテグラーレはWRCで6度のチャンピオンに輝いており、伝説のラリーカーとして君臨している名ラリーカーだ。今なお、世界中で熱狂的なファンを集めている。

そして遂に、FCA ヘリテージがランチア デルタ HF インテグラーレのバンパーを復刻し、販売すると発表した。このプロジェクトのために、当時ランチアで使用されていた機材が最新技術を用いながらリビルトされたそうだ。デザインも当時のスケッチを元にしており、マテリアルもヘリテージで保管してあるものを用いている。このような過程を通し、バンパーが見事に復元され、完成度は極めて高いという。





今回はインテグラーレ用と、エヴォルツィオーネモデル用が各250個限定で生産される。オンラインから購入可能。参考までに、エヴォルツィオーネ用のフロントバンパーは約1200£(約17万円)だ。

バンパーだけでなく、他のパーツがこれから発売されるのかは未定。しかし、このようなプロジェクトがランチア デルタの人気をさらに、盛り上げる存在となってくれることを期待する。

オクタン日本版編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

RANKING人気の記事