同乗者の快適性を最大限に│BMWがi3で新たなスタイルを提示

BMW

2020年1月7日から10日までラスベガスにて開催されるコンシューマー・エレクトロニクス・ショー(CES)2020にて、BMWは未来へ向けたプロジェクトを視覚的にプレゼンすると発表した。

7年間におよび、BMW i3は電動化された車でのドライビングファンを提示している。CESにも、ベースモデルの快適性をさらに高めたi3 Urban Suiteを展示する。これは、同乗者のためにカスタムされている1台で、ドライバーシートやダッシュボードには一切手を加えていない。目的としては、車内空間でどれほど質の高い快適性を感じることができるか挑戦することである。前方の助手席が排除され、フットレストが備えられている。



テーブルの上にはランプが置かれ、様々なスタイルでくつろげる空間となっている。パーソナル・サウンドゾーンと呼ばれる装備もあるそうだが、実際に車内でどのように個人的な音楽空間を実現するのかは実車を見てからの楽しみである。



i3 Urban Suiteの使用用途としては、送迎用車などを想定しているとのこと。"ドライバーのためではない車"という分野も、盛り上がっていくのであろう。

オクタン日本版編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

RANKING人気の記事