ポルシェが選んだ5台のアイコニックな917

カラフルなステッカーとペイントワークは、ポルシェのモータースポーツを象徴する要素のひとつである。中でも、伝説のマシンである917からアイコニックなトップ5をポルシェが選んだ。


第5位 ポルシェ 917-001 グリーン&ホワイト

001はその名の通り、1台目に製造された917である。ジュネーヴ・モーターショーで発表される2日前に完成した。917の50周年を記念し、3Dプリンターの技術を用いて完璧にレストアされた。


第4位 ポルシェ 917/20 "ピンクピッグ"

この917/20はその見た目から、"ピンクピッグ"という愛称で親しまれている。エアロダイナミクスのため、ワイドなボディになっている。ピンクにボディを塗った姿は、当時のデザイナーたちに影響を与えたと考えられている。


第3位 ポルシェ 917 "ロングテール" マルティニカラー

マルティニカラーに身をつつんだ917は、1971年のル・マン24時間レースで勝利を果たした。ル・マンの場で、240km/hを超える平均スピードを記録したレーシングカーとしては初めての存在となった。


第2位 ポルシェ 917 ガルフカラー

ガルフカラーの917と言えば、ハリウッドスター的な存在であろう。ライトブルーとオレンジボディの917は、スティーブ・マックイーン主演映画『栄光のル・マン』で登場したことでも知られ、今なお人気のある1台だ。


第1位 ポルシェ 917 ザルツブルクレッド

オーストリア国旗をイメージしたレッドを身にまとったこの917は特別といえよう。なぜならば、ル・マン24時間で初の総合優勝をポルシェにもたらした記念すべき1台であるためだ。優勝を果たしてから(1970年)ほぼ50年になるが、その魅力は失われていない。

オクタン日本版編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事