キドニーグリルが光る!初採用の機能でかつてない存在感を放つBMW X6

BMW

BMW初のSAC(スポーツ・アクティビティ・クーペ)として、ダイナミックな走りと、個性的かつスポーティーなデザインを兼ね備えていることでユーザーに高く支持されてきたBMW X6。今回、新たに最新のデザインコンセプトを採用した新しい外装デザイン、高級感のある内装や最新のテクノロジーを搭載した新型BMW X6が登場した。

新型BMW X6は、全長4945mm、全幅2005mm、全高1695mmという存在感あるサイズながらも、クーペらしい流麗なルーフラインと、最新のデザインコンセプトを導入することで、より洗練された雰囲気を醸し出している。

デザイン面での最も大きな特徴は、BMWとして初めて採用された、キドニーグリルのライトアップ機能「キドニーグリル・アイコニックグロー」である。伝統的に採用されてきたBMWブランドを象徴するキドニーグリルを輝かせることで、より立体的に見せると共に、夜間でのドライブなどで、かつてない存在感を演出するのだ。



キドニーグリルと繋がるように装備されていた従来のヘッドライトのデザインは、最新のデザインコンセプトを採用することで、より直線的で鋭いデザインとなり、キドニーグリルから独立して装備されることで、車両全体に低重心かつワイドな印象を与えている。リアデザインは、細長く伸びたL字型のリアライトを採用し、ワイドな印象を与えると共に、縦に厚みのあるどっしりとしたシルエットを形成している。

内装においても最新のコンセプトを採用し、先代モデルから、より先進的かつ高級感のある室内空間を実現。ドライバーが自由にカスタマイズすることが可能な10.25インチのコントロールディスプレイと、12.3インチのフルデジタルメーターパネルを装備し、より機能性を高めている。



シートは表面の加工がすっきりと上品に見え、座り心地が柔らかいヴァーネスカレザーを標準装備とし、上質な空間を形成している。さらにオプションで、透明度が非常に高いクリスタルで作られたシフトノブなど、高級感を演出する装備を多数ラインアップしている。

今回、日本に導入されるエンジンラインアップは、直列6気筒のクリーンディーゼルエンジンを搭載した新型BMW X6 xDrive35dおよび、圧倒的な走行性能で日常のドライブからサーキット走行までも可能とする4.4リッター V型8気筒ガソリンエンジンを搭載した新型BMW X6 M50iの2モデルとなっている。



新型BMW X6 xDrive35dは、最高出力265ps(195kW)/4000rpm、最大トルク620Nm/2000rpm-2500rpmを発揮し、0-100km/h加速は6.5秒を実現している。高回転域では、心地のいいサウンドを響かせながらも、車内の静粛性は高く保たれ、SACらしい走りと快適な室内空間を兼ね備えている点もポイントだ。

新型BMW X6 M50iは、最高出力530PS(390kW)/ 5500rpm、最大トルク750Nm/1800-4600rpm を発揮し、0-100km/h加速は4.3秒を実現するハイパフォーマンス・モデルである。BMWのインテリジェント4輪駆動システム「BMW xDrive」や、Mディファレンシャル及びエアサスペンションによって、悪路でも安定したコントロールとスポーティーな走りを実現することが可能となると共に、標準装備のMスポーツ・エキゾーストシステムによってハイパフォーマンスモデルに相応しい官能的で存在感ある音を奏でる。


BMW X6 xDrive35d 990万円
BMW X6 xDrive35d M Sport 1069万円
BMW X6 M50i 1395万円
※価格は税込み

オクタン日本版編集部

タグ:

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

RANKING人気の記事