スズキの新型ハスラーはもっと遊べるアクティブな軽

Octane Japan

スズキ株式会社から、SUV・クロスオーバーセグメントにおいて発売以来多くのファンを持つハスラーの新型モデルが発表された。2014年の発売以降、空間の広い軽ワゴンとSUVを融合させた個性的なモデルとして、数多くのライフスタイルに寄り添ってきた本モデル。今回、ひと目でハスラーとわかる個性的なデザインはそのままに、よりアクティブに遊べる軽自動車として更なるインスピレーションを得たプロダクトが完成した。

先代から引き継いたスクエアグリルとまるいヘッドランプはハスラーであることを象徴する。

特徴としては外観のスタイルはもちろん、室内空間や安全性、走行性能、操作性…どれも妥協なく追求しているという。また、スペックは向上しておりながら価格は従来のモデルから差額1万円程度。コストパフォーマンスにもこだわっている。

四角いデザインを採用したフェンダーは、高い走破性を感じさせる。

ハスラーといえば、豊富なカラーバリエーションも気になるところ。今回はバーミリオンオレンジ・アクティブイエロー・ブリスクブルーメタリック・チアフルピンクメタリック・デニムブルーメタリック・フェニックスレッドパール・シフォンアイボリーメタリック・クールカーキパールメタリック・オフブルーメタリック・ピュアホワイトパール・ブルーイッシュブラックの全11色を用意。新しく“バーミリオンオレンジ”“デニムブルーメタリック”の2色が加わった。



また、安全面では、スズキセーフティーサポートが充実。夜間の歩行者も感知する衝突被害軽減ブレーキ“デュアルカメラブレーキサポート”や、“誤発進抑制機能”“後退時ブレーキサポート”などの基本機能から、ターボモデルにはスズキの軽で初めてACC(アダプティブクルーズコントロール)を設定するなど、安全施策への力量が伺える。


様々なアクセサリーをカスタムすることで自分のライフスタイルに合わせた1台を楽しめる。


メーカー小売価格はモデル別で136万5100円~。2020年1月20日より発売を開始する。

オクタン日本版編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

RANKING人気の記事