自動車革命に合った製品の数々│ヴァレオ CES 2020で未来に向けた製品の数々を披露

valeo

毎年1月にラスベガスで開催されるる電子機器の見本市CES では、近年モビリティというテーマがますます顕著になっており、移動方法の根本的な変化を反映している。 車両はますます電動化、自動化されている中、ヴァレオは世界中で進んでいる自動車革命に適応した独自の製品ポートフォリオを揃える。

ヴァレオは今回、中国の大手食品流通サービスプロバイダーであるMeituan Dianpingとの協業で開発した、自律型の電動配送ドロイド Valeo eDeliver4Uを世界初公開する。フル電動の48Vシステムを搭載し、ヴァレオの認識システムによって自動でルートを検知することができるため、ゼロエミッションでの都市部の配送に適している。このドロイドは、ヴァレオのプラットフォームが提供するモジュールの活用例の一つである。

これらのプラットフォームは、既存の自動車のみならず、このような都市向けの小型モビリティにも搭載できる。ヴァレオのセンサーと電動化技術は、フランスのスタートアップTwinswHeelが開発した2台のドロイドにも搭載されている。TH03とTH05の2台の自律ドロイドは、それぞれ60kg、130kgの荷物を時速7km/hで輸送でき、5cmから3m離れている人を追尾する。工場、メンテナンスセンター、倉庫、ショッピングセンター、空港、駅などのクローズドな場所や屋外で使用でき、物流や配送のタスク実行に役立つのだ。

ヴァレオは、パワートレインシステムに加えて、世界をリードするバッテリーサーマルマネージメントの専門知識によって、電気自動車の開発で大きな役割を果たしている。あらゆるサーマルシステムをスマートに制御し、充電と走行の双方に最適なバッテリー性能を確保しながら、バッテリーの寿命を維持している。 2020年から、ヴァレオのバッテリー冷却システムは、ドイツのある大手自動車メーカーの電気自動車プラットフォームに搭載されることも決まっている。さらに、ヴァレオはアフターマーケット向けのコンポーネントとしてもサーマルモジュールを提供し、すでに上市されているシステムも、最新の冷却技術の恩恵を受けることができるようになる。

より安全なモビリティのために、ヴァレオは人工知能を活用するイノベーションとして、CES 2020にて世界で初めてヴァレオMove Predict.aiを発表する。ヴァレオMove Predict.aiは、歩行者、自転車、スケーター、スクーターなど、車両のすぐ近くにいる交通弱者を検出し、その意図を予測することができるものだ。最新世代の魚眼カメラとヴァレオSCALA® LiDARと人工知能により車両周辺の360°を認識し、たとえば携帯電話を使用しているかどうかを考慮して、道路を横断するかなど、彼らの意図や軌道を予測。そして、道路利用者との潜在的に危険な行動をドライバーに即座に警告し、必要に応じて緊急ブレーキシステムを作動させる。



さらに、ヴァレオはローカリゼーションアルゴリズムとヴァレオの認識システムを利用したマッピングシステムによって車両の位置を非常に正確に特定できるシステムDrive4U Locateの実演も行う。このダイナミックマップは、常に車両からの入力を受け、クラウドソーシングによって更新される。車両フリート管理の最適化に加えて、さらなる安全性をもたらし自動運転車の開発を促進するのだ。

ヴァレオVoyageXRとヴァレオ CallXRは、友人や愛する人とバーチャルに車両に同乗し、没入型のコミュニケーションエクスペリエンスを提供するシステムである。ユーザーは、バーチャルリアリティヘッドセットとジョイスティックを装着すると、たとえ世界の反対側にいても、車両の後部座席にテレポートしたかのように、周囲の状況を360°見ることができるのだ。ドライバーを見て、対話することができるということだ。一方、仮想の乗客は、バックミラーに表示されるアバターの形で実際に運転しているドライバーからも見える。このテレポーテーションは、車両の外部と車室内に搭載されたヴァレオセンサーと接続性を組み合わせることで実現される。Valeo CallXRシステムでは、タブレットやスマートフォンを使って車両のドライバーや乗客とビデオ会議を開始し、車両の内外で何が起こっているかを確認することができる。

ヴァレオ Smart Cocoonは、体格、心拍数、着用している服の種類などの特性に応じて、それぞれの乗員に合わせてパーソナライズされた快適なバブルを作る。各人のニーズに合わせて環境を調整することでエネルギー効率も向上し、最大で30%の節約に。このシステムは、人工知能とさまざまなセンサーで検知された情報を活用して、温度、照明、効果音、香りを組み合わせてパーソナライズされた快適さを提供することができる。



たとえば、室内照明は温度を反映してより快適に感じるように自動的に調整される。疲労、注意散漫、感情、ストレスの兆候を検出し、ドライバーと乗員の生理学的状態を考慮することができる共感的な車になるのだ。

CES 2020で発表するヴァレオの革新的な技術は、モビリティが将来どのようになるかについての実用的な洞察を示している。 ヴァレオが開発した製品と機能の中には、現在量産されている車両にすでに搭載されているものもあり、未来はすぐそこにあるといえるだろう。

オクタン日本版編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

RANKING人気の記事