幕張メッセで開催されたレーシングカーだけのオークション結果は?

octane japan

オートサロン初日 1月10日(金)にイベントホールで行われた今回のBHオークションは、スーパーGTをプロモーションするGTアソシエーションとオフィシャルとパートナーシップを結び、レーシングカーのオークション「SUPER GT AUCTION-TAS」として開催された。

BHオークションのCEOの武井真司社長は、「オートサロンの会場で日本初めてのレーシングカーのオークションができることに大変意義深さを感じます」とコメントした。

以下はオークション出品車両を紹介しよう。


1990 RALT RT34 落札価格 220万円

Tom’sの厚意によって、チャリティーロットとして出品された。


1975 ランチア・ストラトス ストラダーレ/Gr.4 Conversion 落札価格7100万円

492台のみ生産されたうちの1台。ストラダーレ仕様からグループ4コンペティツィオーネ仕様にコンバージョンされている。コンバージョン&レストア作業の各記録他、多数のヒストリードキュメントが付属し、スペシャリストの手による非常に完成度の高いグループ4コンバージョン仕様となっているランチア(フィアット社)による製造保証書も付き、稀に見る良質なコンディションを保っている。


1995 HKS T-002/BCNR33 Record Breaker 落札価格 1,110万円

1995年に筑波サーキットで58秒714のラップタイムを記録している、チューニングメーカーHKSの手によるレコードブレーカー。1996年には谷田部の高速周回路で17秒74の0→300Km/h加速タイムを記録。HKSのショーカーとして各部をレストア&アップデートし、2019年東京オートサロン・HKSブースに出展。現状、エンジンはRB26DETTのノーマル新品ストックを搭載しており、HKSによるエンジン・フルチューニングに対応可能となっている。


1965 アルファロメオ・ジュリア スプリントGTAコルサ 3,800万円まで入札されたが流札

“GTAコルサ”として1965年9月に製造され、1965年10月にフランスへデリバリーされ、その場でのレースヒストリーあり。コルサ専用の超軽量アルミボディを採用し、CRBB他、コルサ専用の足回りを装備している。アルファロメオ社による製造証明書発行済。


1972 ニッサン・スカイライン2000 GT-R KPGC10 落札価格 2,900万円

大変希少な“KPGC10”のレースカーで、この1台は希少なオリジナルのレースパーツを多数装着している。“GT-Rの神様”と呼ばれた渡辺茂のコレクションカーで、渡辺の手によって各部がアップデート&モディファイされている。Ready to Race コンディションでの出品。


1987 LM07 Toyota / Gr.C 落札価格 3,200万円

日本のル・マンガレージが製作したグループCカー“LM05C”の最終進化形。エンジンはトヨタ製の3S‐G型(2.1?直列4気筒ターボ)を搭載し、1987年の富士1000㎞レース、鈴鹿1000㎞レースで共に7位完走している。日本のスペシャリストの手で完璧なレストレーションが施されたばかりの1台。


1977 ポルシェ935 K3/80 by Kremer 落札価格 1億5000万円

グループ5規定に則り最強ベータ-“クレマー・レーシング”が製作した1台。930ターボをベースに1977年に製作、後にK3の最終進化系となる1980年仕様の“935 K3/80”にアップデート“935 K3/80”としてFIA承認ペーパーを取得済。非常に良好なコンディションを保っており、ル・マン クラッシック他、世界的なヒストリックレースに出走可能。カラーリングは人気の高いイエガーマイスター仕様でReady to Race コンディション。


2016 ポルシェ991 GT3 R 1,510万円まで入札されるも流札

2016年SuperGT/GT300クラスに「Excellence Porsche Team KTR」より参戦した1台。2016年SuperGT第3戦茂木で2位表彰台を獲得し、2017年、2018年のブランパンGTシリーズ・アジアにスポット参戦している。2018年仕様にアップデート済み911GT3 R Evo-Kit、2018年エンジン他、スペアパーツ多数付属。Ready to Race コンディション。


2014 BMW Z4 GT3/Suzuka 1000km Winner 落札価格 630万円

2014年SuperGT/GT300クラスに「TWS LM Corsa」より参戦。2014年鈴鹿1000㎞/GT300クラス優勝しており、2014年SuperGT/GT300クラスでチームランキング5位を獲得している。Ready to Race コンディション。


2012 McLaren MP4-12C GT3 880万円まで入札するも流札

2015年のGTアジア第5・6戦にBINGO RACINGより参戦。希少なマクラーレン製レーシングカーで、F1GTR以来となるファクトリーレーシングカーでもある。


1995 BMW 320ST Nur24/Spa24 Winner 2350万円まで入札するも流札

1995年ニュルブルクリンク24時間レース、1996年/97年 スパ24時間レース総合優勝車。レースにおいて重大なクラッシュ歴はなく、機関系も良好なコンディションを維持している。大変貴重なBMWワークスカーであり、豊富なスペアパーツも付属している。

オクタン日本版編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

RANKING人気の記事