3億円超え落札!チャリティーで出品された新型コルベットの第一号車

GM Motors

コルベットではじめてミドシップエンジンを搭載するモデルとなる、新型コルベットの第一号車がオークションに出品され300万ドル(約3億3000万円)で落札された。

2020年に発売される新型コルベット C8は、6.2リッター V8OHVエンジンをミドシップに搭載し、495馬力を発揮する。これまでのスティングレーの中で最もパワフルなモデルで、性能だけでなくスポーティーなデザインも魅力的だ。登場と同時に大きな話題を呼んだ1台である。



そして、アメリカ・スコッツデールで開催されたオークションに出品されたレッドに身をつつむ新型コルベットの第一号車は、コルベットとしては記録的なオークション落札額が付けられた。2000万円台からスタートし、瞬く間に5000万円、7000万円、1億円、と上がっていき最終的に3億円へ達したという。

このコルベットはGMがチャリティーのために出品したものであるため、落札額はすべてデトロイトの子供たちへの寄付にあてられるそうだ。

オクタン日本版編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事