アーティア(ArtyA)は、 ウブロ、 ジェイコブ、 ロマンジェロームをはじめとする人気ブランドのプロデュースや、サムスン スマートウォッチのデザインを担当しているイヴァン・アルパ(Yvan Arpa)が自身で手がけたウォッチブランド。2009年に"Struck by lightning" コレクションでデビューした。北米で絶大な人気を誇る市販車カーレース ナスカ―(NASCAR)では、2016年のメキシコ・シリーズよりフォードチームのスポンサーにもなっている。

そんなアーティアが、2017年のバーゼルワールドで発表したニューコンセプトモデル 「レース(Race) ブルーモデル」をご紹介したい。

chrono_170604_artya  (1).jpg

「レース」 は、 アーティア のヒット作「ロシアンルーレット」の回転ダイアルを進化させたモデルで、 カーボン製ダイアルの上にチタン製のホイールを乗せ、それを回転させる仕組みになっている。

フルスピードで回転している時のみに透明化する光学効果を利用して、 ホイールが回転している時のみ、内側の針が透過して時間を表示するという斬新なアイデアである。また、バックはタコメーターをモチーフにしたデザインだ。

chrono_170604_artya  (2).jpg

スペックなどの詳細については、こちらからご確認いただきたい。

レース(Race) ブルーモデル

¥1,443,420(税込)

RECOMMENDEDおすすめの記事