ピレリとジュンワタナベがコラボレーション│1970 年代スポーツジャケットから着想

パリのファッションウィークで、COMME des GARÇONS JUNYA WATANABE MAN(コムデギャルソン・ジュンヤワタナベ・マン)のピレリとコラボレーションした秋冬コレクションが発表された。ピレリと初めてコラボレーションした有名デザイナーの渡辺淳弥氏は、ピレリの 1970 年代モータースポーツジャケットにインスパイアされたスペシャルコレクションを生み出した。

スポーツジャケットは、ピレリのエンジニアが当時サーキットで着用していたもので、象徴的な黄色と赤のピレリロゴが施されている。限定生産される今回のスペシャルコレクションは、ピレリデザインの役割を見事に具現化しているものだ。ピレリデザインは、ファッションからパワーボート、高級腕時計に至るまで、広範囲に渡るピレリのブランド力および技術力を際立たせる芸術的なコラボレーションを生み出すコンセプトの下に誕生した。



渡辺氏は、当時のユニフォームや作業着をイメージしつつ、ピレリのスポーツジャケットからインスピレーションを得て、ジュンヤワタナベ・マンの代表的デザインであるジャケットとコートをデザインしたという。



「ジュンヤワタナベ・マン X ピレリ」コレクションは、コート2種類、ジャケット、T シャツの4点で構成。ヴィンテージ感のある衣装には、最新技術による合成素材に常に関心を持つ渡辺氏のデザインを特徴づける新素材が使用されている。その結果、ダブルブレストジャケット、スポーツコート、ピットクルージャケットは、ピレリと世界最高峰のモータースポーツを紐付けるカラーとイメージを維持しつつ、新しく生まれ変わった。

オクタン日本版編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事