GM 22億ドルの投資で初の電気自動車専用工場をデトロイトに開設│2200人の雇用も創出

GM

ゼネラルモーターズ(GM)が、全車電動化の未来のビジョンの実現に向けて、全電動トラックおよびSUVを生産するためにデトロイト・ハムトラックの組立工場に22億ドルを投資すると発表した。GM初の電気自動車専用の組立工場となる。

また、GM初の全電動モデルはピックアップトラックになる見込みで、2021年の後半に生産開始が予定されている。その後すぐに、クルーズ社が先週サンフランシスコで発表した、シェアリングサービス用の電気式自動運転車「クルーズ オリジン」の生産を行う計画とのことだ。

GM社長のマーク・ロイスは、工場でのプレスイベントにおいて、「今回の投資を通じてGMは、全車電動化の未来を現実にするビジョンに向けた大きな一歩を踏み出しました。まず最初の車両である電動ピックアップトラックを生産し、今後数年間のうちにデトロイト・ハムトラミック工場でいくつかの派生モデルを組み立てる予定です」と述べている。



工場が本格的に稼働すると、この投資により2200名を超える雇用が創出される見込みだという。GMでは、このほかにも新しい電動ピックアップトラックの発売に関連し、サプライヤーへの工作機械器具設備や、その他のプロジェクトにさらに8億ドルを投じる予定。

2018年の秋以降、GMは各種電気自動車を市場に投入するため、ミシガン州においてオリオンの組立工場、ウォーレンのバッテリー・ラボ、ブラウンズタウンの工場、そして、本日発表されたデトロイト・ハムトラミック工場に25億ドル以上投資を行うことを発表してきた。

工場内のペイントやボディショップおよびアッセンブリのエリアでは、新しい機械、コンベア、制御機器、工具の導入を含めて全体的に刷新される。GMとLG化学は、オハイオ州ローズタウンでのバッテリーセルの生産に向けて23億ドルを投じて合弁事業を設立し、ここで生産するバッテリーセルは、デトロイト・ハムトラミックで組み立てる電気自動車用に供給されることになっている。

デトロイト・ハムトラミックに関するGMの決断に大きな影響を与えたのは、このプロジェクトがミシガン州から受けている支援なのだ。

ロイス社長は、「ミシガン州からの支援は、今回の投資を実現させるうえでの重要な要因となりました。この投資によって、ミシガン州は今後も確実に世界の自動車産業の中心としての地位を保ち、GMは電動化の未来に向けた旅を続けることができるでしょう」と付け加えた。

オクタン日本版編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事