イングランド生まれのポメリースタイル スパークリング「ルイ・ポメリー イングランド」発売

「ルイ・ポメリー イングランド」はシャンパーニュ ポメリーの創業者、ルイ・アレクサンドル・ポメリーの功績へのオマージュとして誕生した、イングランド産、醸造のスパークリングワインである。 イングランド南部の一部の地は、氷河期になる前には、フランス シャンパーニュ地方と地続きだったミネラル分豊富な白亜土壌。また、近年の温暖化の影響で、気候環境までもがかつてのシャンパーニュに似てきたと言われ、そのテロワールに匹敵するとして注目されている。ヴランケン・ポメリー・モノポールグループは、新たな産地としてハンプシャーの土地を購入し、現ヴランケン・ポメリー・モノポール・グループのインターナショナルワインメーカー、ティエリー・ガスコ氏、現ポメリー最高醸造責任者のクレマン・ピエルロー氏が監修のもと、スパークリングワインの製造に注力してきた。
 
シャルドネからフィネスとエレガンス、ピノ・ノワールから果実味とストラクチャー、そしてムニエのタッチが加わる。その後、充分な熟成期間を経て豊かなワインが生まれる。イングランドのテロワールで表現するポメリースタイルのスパークリングワインである。

輝く淡いイエロー、絶え間なく続く生き生きとした泡立ち。 香りは最初にフレッシュさと繊細なライムのアロマ、さらにブラックカラントや はちみつのヒントを感じる白いフルーツの香りに包まれる。これらの香りの特長は口の中に広がり味わいへと続き、美しいバランスと リッチなハーモニーを生み出す。 余韻は長く、雑味のないクリーンな印象。 適度なドサージュは甘さを感じさせない、質実で精練されたスパークリングワインである。アペリティフとして、グジェール、フレッシュオイスター、鱧の天ぷら、ホタテのポワレなど。リンゴとフォアグラのタルトなどのデザート、アフタヌーンティーのお供にも。

ちょっとしたご褒美にいかがだろうか。

ヴランケン ポメリー ジャパン公式サイト:http://www.vranken-japan.co.jp/
■商品概要

商品名:   ルイ・ポメリー イングランド (Louis Pommery England)
発売 :     2020年3月10日発売予定
希望小売価格:6300円(税別)
容量:    750ml
タイプ:   白(辛口 Brut)
ドサージュ: 8g / L
ヴィンテージ:NV
品種:    シャルドネ55%、ピノ・ノワール37%、ムニエ8%
製造方法:  メトード・トラディショナル​

オクタン日本版編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事