ポルシェを愛する女性ロックミュージシャン│なぜポルシェを選んだ?

Porsche AG

69チャンバーズというバンドでギターを鳴らすニーナ・ヴェッテルリ・トゥレルムは、音楽と自動車界において共通のグルーヴを持つ人物だ。この2つの世界が彼女の人生を創り上げているといえる。彼女が活動拠点のひとつとするスイス・チューリッヒのレコーディング・スタジオとオーストリア・ウィーンの大きなガレージを訪ねた。

ニーナは911、924、944など様々なポルシェを楽しんできた。現在、ガレージにはポルシェにフォーカスを当てるとブラックの930と944が佇んでいる。そして、彼女はこの2台をこのように表現している。「この2台はお互いを好きじゃないの。だから、隣り同士には停めたことはない。911は944を突拍子もないやつだと思っているけれど、944も911を同じように思っているの」と笑顔で話す彼女は愛する車との生活を大切にしているようだ。

彼女の大きなガレージはウィーン郊外はアルバムのジャケットにもなりそうな雰囲気をしている。グレーのコンクリートの建物、ダークカラーのレトロなスポーツカーにかすかに陽が差し込み、独特の味を引き出している。そして、そこにギターケースを持って佇むブロンドヘアーのニーナも含め、ひとつの光景として完璧にマッチしている。



「16歳の時からガールズバンドでベースを弾いていて、その後にギターを始めた。大学入りたての時は、広告代理店でも働いていて自分にとって初めてのポルシェとなった944 S2を中古で手に入れることができたの」

そこで叶った彼女の夢はどんどんと広がっていき、924、944ターボ、911も手に入れていった。しかし、ポルシェは典型的なポルシェコレクターとは異なり、ガレージには誰でも歓迎する。とにかく、ドライビングテクニックを上げることを目的にポルシェを所有し、様々な知識を得るためにも地元のワークショップを訪ね歩いたという。「運転するならスポーツカーでないと意味がないと思ったの。さらにいえば、後輪駆動であることも大事。エキゾチックなイタリア車も考えたけれど、毎日のことを考えるとポルシェ以外に選択肢がなかった」ニーナは話す。



彼女にとってはスタジオの一環でもある自宅には、ベースやギター、フェスに出演した時の写真などに並び、自動車に関する資料やコレクションがある。「すべてのモデルのバックグラウンドを知ることが大事だと思うの。小さな頃から車が好きだったのだけれど、母は混乱していたと思う。人形とか、普通の女の子が欲しがるようなものではなくて、ひたすらマッチボックスのミニカーを欲しがったから。買ってもらえるまで泣いて駄々をこねて、やっと許してもらえた」と昔を振り返る。

ビジネスマンの父親だったため、韓国とシンガポールで幼少期を過ごし、10代でスイスへと戻ってきた。すぐに学校で人気者になり、バンド活動もしていたこともあり音楽学校へ進むことを考えた。しかし、アカデミックな音楽との接し方は彼女が持つエモーショナルなアプローチとは合わなかった。レッド・ツェッペリンやブラックサバスなどを聴いて自身の世界を広げていったのだ。学びは苦手と話す彼女だが、父と協力して、1950年代から現代まで続くモータースポーツの歴史を記録した本を出している。

ニーナにとって、車に関する学びは“当たり前にやるべきこと”のひとつであり、苦痛でも何でもない。一般的に想像される、女性ロックミュージシャンでもなく、ポルシェコレクターでもない、自分の信念で音楽と車を愛し続けているのだ。

オクタン日本版編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事