「世界最速のカメラカー」史上最速のGT-Rを撮影したのはもう一台のGT-Rだった!

NISSAN

史上最速のGT-Rとして登場した「Nissan GT-R NISMO」2020年モデルを撮影した、もう一台のGT-Rがいた。

「世界最速のカメラカー」と化したGT-Rには、車両のアクションシーンを撮影する専門ドライバーであり、大型予算の大ヒット映画や自動車関連テレビ番組のコーディネーターとしても著名なマウロ・カロが乗り込み、サーキットで「Nissan GT-R NISMO」2020年モデルを追いかけながら撮影を行った。

すべての写真を見る

様々な動きを捉える必要のあるカメラカーには少なくとも4人が乗り込めること、様々な装備を施せることを考慮し、高性能SUVが選ばれることが一般的だ。しかし、カロが究極のスピードで走行するカメラカーという夢を実現し、サーキットを疾走する「Nissan GT-R NISMO」2020年モデルを走りながら撮影するためには、もう一台のGT-Rが必要だという答えを出したのである。



カロは、「高性能なカメラカーの開発を考え始めてすぐ、『Nissan GT-R』だけが基準を満たす車だと気がつきました。スーパースポーツカーとしての高い動力性能と四輪駆動、優れたハンドリングと走行安定性を備えており、カメラシステムを操作するクルーを全員乗せるためのシートも備えています。候補となるモデルは他にはありませんでした」と話した。

GT-Rの場合、4シートすべてを常に使用しているというオーナーは多くない。しかし、撮影では運転席のカロの他に、ジンバルを操作するスタッフやフォーカスプーラー、そしてディレクターなどクルー全員が同時に乗り込み決行された。このチームによって、高速で疾走する世界最速の車を高解像度のビデオで美しく撮影することが可能となったのだ。GT-R史上、最も速く最も高性能な「Nissan GT-R NISMO」2020年モデルを撮影できるのは、GT-Rをおいて他に存在しなかった。



カロは、「『Nissan GT-R』には写真やビデオ撮影で乗ったことがあり、素晴らしい車であることは知っていました。今回、この『Nissan GT-R』を高速カメラカーに改造し、トラックを走る世界最速の車を撮影してみて、改めてその性能、信頼性、安定性へ深い敬意を抱きました。このGT-Rと同様の撮影を可能とする車は他には存在しません。撮影を重ねるにつれて、チームメンバーの感動も高まりました」と語った。

ドイツのユーロスピードウェイ ラウジッツで行われた「Nissan GT-R NISMO」2020年モデルの試乗会では、「Nissan GT-R NISMO」とGT-Rのカメラカーが互いに追いかける姿を披露。その姿をおさめたビデオは世界中で注目を集めている。

オクタン日本版編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事