ヒルトンのラグジュアリーブランド「LXRホテルズ&リゾーツ」 アジア初進出で京都に

ヒルトンのラグジュアリーブランド「LXR(エルエックスアール)ホテルズ&リゾーツ」が2021年秋に京都で開業予定であると発表された。

本ホテルは「LXRホテルズ&リゾーツ」としてアジア太平洋地域における初進出となり、また、ヒルトンにとって京都初のホテル誕生となる。東急不動産とヒルトンがホテル事業で協業するのは、2018年4月に開業した「KYUKARUIZAWA KIKYO, Curio Collection by Hilton(旧軽井沢KIKYOキュリオ・コレクションbyヒルトン)」以来2度目となり、ともにフランチャイズ契約を締結している。

紙屋川(天神川)や御土居(おどい)に囲まれた自然環境豊かな立地で、約3万5000坪の広大な敷地には結婚式場や庭園のほか、料亭・レストラン、東急不動産が開発した会員制リゾートホテル「東急ハーヴェストクラブ京都鷹峯&VIALA」(2014年開業)を擁している。また、近隣には金閣寺や光悦寺・源光庵といった寺社仏閣が徒歩圏にあり、ミシュラン星付レストランやラグジュアリーホテルが2019年に開業するなど、京都を代表する高級リゾートエリアとして注目が集まっている。

東急不動産 ウェルネス事業ユニット ホテル・リゾート事業本部長の田中 辰明は以下のとおりコメント。「国内屈指の観光地として人気の京都、その中でも喧騒から離れた自然豊かなしょうざんリゾート京都において、軽井沢に続く両社の提携により、アジア初出店となるラグジュアリーブランドを誘致できたことをうれしく思います。この地は、きものメーカーとして創業した株式会社しょうざんが“美しいものは、美しい環境から生まれる”といった思想のもと、庭園の整備や日本各地の美しい建造物を移築し、広く訪れてもらえるようにしてきた場所であり、歴史的にも400年以上前に本阿弥光悦(ほんあみこうえつ)が芸術村を築き上げ、才能ある芸術家を世に輩出してきた琳派(りんぱ)発祥の地でもあります。本ホテル開業にあたり、世界に1億人を超える会員組織を持ち、ラグジュアリーホテルの経験が豊富なヒルトンとフランチャイズ契約を締結することにより、国内外から訪れるお客様にこの地ならではの魅力に触れていただくとともに、新しい滞在型リゾートとして多くの方々にご満足いただける施設になると確信しています」

LXRホテルズ&リゾーツ グローバルヘッドのファイサル・ジャファーはこう話した。「全世界でLXRブランドの展開の勢いは高まってきています。慎重に厳選され、東急不動産のようなワールドクラスのオーナー企業との強力なパートナーシップを結ぶことで、更にLXRというブランドの価値が高まります。LXRのホテルは、ホテルごとに唯一無二の個性を持っています。私たちの主なミッションは、お客様に洗練されたラグジュアリーな体験をもたらすと同時に、私たちがオーナー企業に有意義と思える投資対象となることです」

また、ヒルトン 日本・韓国・ミクロネシア地区運営最高責任者のティモシー・ソーパーは、以下のように述べている。
「受賞歴を誇るコンラッド、ヒルトン、ダブルツリーbyヒルトンなどのブランド展開で成功を収めた日本市場で、待望の新しいラグジュアリーブランドを進出させることができ、大変喜ばしく思います。長年のパートナーであり、経験豊富な東急不動産の支援のもと、京都を訪問されるお客様のラグジュアリー体験を更に進化できると確信しています」

他では味わえない極上のラグジュアリー体験を、京都へ訪れる冒険心に満ちたゲストに提供してくれるであろう。

オクタン日本版編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事