MT車も追加!アストンマーティン・ヴァンテージに新たなラインナップ登場

Aston martin

アストンマーティンのスポーツカー・ラインナップに、魅力的な新型ヴァンテージ ロードスターが加わった。

このコンバーチブル・モデルは、2018年に発売されて力強いパフォーマンス、卓越したダイナミクス、日常ユースにおける利便性を融合して高い評価を得た、ヴァンテージ・クーペが持つ走りの楽しさをさらに高めている。 

妥協のないデザインとエンジニアリングを表現すると同時に、クーペのスリリングなドライビングに対する絶対的なコミットメントも受け継がれている。510PS/685Nmを発生するアストンマーティン製4リッター ツインターボV8エンジンと8段ZFオートマチックトランスミッションを搭載し、0~60mph(約97km/h)加速はわずか3.7秒で、ルーフを閉じた状態での最高速度は306km/hに達するという。新開発されたZパターンの軽量折りたたみルーフメカニズムと、最適化されたエクステリアとシャシーにより、重量はクーペと比較してわずか60kgしか増加していない。

すべての写真を見る

クーペのドライビングフィール、ラップタイム、コーナリング性能を維持している一方で、ロードスターらしくボディは独自のデザインに変更されている。Zパターンに折りたたまれるファブリック性のトップは、とてもコンパクトな電動開閉メカニズムを備え、7秒以下で作動させることができる(オープン時:6.7秒、クローズ時:6.8秒、最大50km/hまで速度で作動可能)。コンバーチブルトップの開閉時間は、自動開閉式システムを備えた車の中でも最短レベルだ。



構造的せん断パネルとシャシー コンポーネントを慎重に開発することにより、走行フィールや洗練性を一切犠牲にすることなく、クーペの力強い運動性能とスポーツカーらしさを残している。アダプティブダンピング、ダイナミックスタビリティコントロール、ダイナミックトルクベクタリング、エレクトロニック・リアデファレンシャルをクーペと共有することで、洗練されたダイナミズムも受け継いでいるのだ。リアダンパー、アダプティブダンピングシステム、ESPキャリブレーションは、このモデル専用のチューニングが施されているとのこと。

また、走行モード(スポーツ、スポーツ+、トラック)もロードスター専用に調整され、ダイナミックなキャラクターと運動性能を実現した。公道でもサーキットでも圧倒的なパフォーマンスを発揮できるよう、ロードスター・モデルに合わせてモードを調和させることによって、車両全体のレスポンスとエキサイティングな走行性能を高めることに貢献している。



スタックの高さが低いため、2段式の積載スペースへの影響を最小限に抑え、シームレスなリアスタイルが実現されている。トランク容量は200リットルで、スポーツカーながらもフルサイズのゴルフバッグと付属品を積載することが可能。

また、ロードスターの導入とともに、クーペを含めたヴァンテージラインナップには、さまざまな新しいオプションが導入される。ヴァンテージ生誕の70周年を祝うため、オプションとして、アストンマーティンを象徴する“ベーン”グリルをクーペとロードスターの両方に導入。このグリルは、2018年にクーペが発表されたときに採用された、サーキット志向の“ハンター”グリルの代わりに装着することができるものだ。オプションの合金ホイールの仕上げにも、新しい選択肢が加わった。さらに、クーペには、愛好家向けオプションとして、7段マニュアルトランスミッションを搭載することも可能に。 

アストンマーティン社長兼最高経営責任者(CEO)のDr. アンディ・パーマーは、「オープントップのアストンマーティンは、いつの時代もお客様から好評をいただいています。今回、ヴァンテージ・ロードスターを発表することができて、非常に嬉しく思っています。多くの人にとって、オープントップ・スポーツカーを走らせることは、非常に爽快な体験であり、人生に活気をもたらします。ヴァンテージは、スリリングな走りでお客様を常に魅了してきましたが、ロードスター・バージョンを追加することにより、さらにアドレナリン溢れるパフォーマンスを実現することができます」とコメントした。 

アストンマーティン・チーフエンジニアのマット・ベッカーは、次のように付け加えた。「コンバーチブル・スポーツカーは、クーペ・バージョンと比較して妥協を強いられるケースが数多くありますが、このモデルは正確、俊敏、印象的なハンドリング・ダイナミクスと、非常に優れた直進安定性を組み合わるという使命の下で、一切の妥協を排しています。そしてもちろん、コンバーチブル・トップを開放すれば、その素晴らしいエキゾースト・サウンドを堪能することもできます」

ヴァンテージ・ロードスターの希望小売価格は、12万6950ポンド(英国)、15万7300ユーロ(ドイツ)、16万1000ドル(米国)~となっている。納車は、2020年第2四半期から開始される予定だ。

オクタン日本版編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事