ミウラを作った80歳超の天才エンジニアが開発する本物のスポーツカーに試乗!

Photography: Keishi OKUZUMI

“ダラーラ”(より正確に言えばダッラーラ)と聞いて皆さんは何を思い浮かべただろうか。スーパーカー世代ならランボルギーニミウラを作った天才エンジニアのジャンパオロ・ダラーラだろうし、レースマニアなら世界一のレーシングコンストラクターかもしれない。
 
ジャンパオロが設立したダラーラ・アウトモビリ社。今、ダラーラ製の車体を抜きにして世界のレース、なかでもフォーミュラーカテゴリーは成り立たない。FIA F2やF3、インディ、フォーミュラE、日本のスーパーフォーミュラといったメジャーレースは事実上ダラーラ製マシンのワンメイクとなっているし、F1やLMP2などにももちろん関わっている。間違いなく世界一のレーシングカーメーカーだ。
 
1936年、エミリア=ロマーニャ州パルマ県ヴァラーノ・デ・メレガーリ生まれ。ミラノ工科大学で航空工学を学んだジャンパオロは風洞実験ができる人材ということでフェラーリへ入社。自動車産業でのキャリアをスタートさせたというあたりが、いかにも天才だ(凡人はフェラーリでキャリアを終えたがる)。マセラティ、ランボルギーニと渡り歩いたのち移った先のデ・トマゾがウィリアムズと組んだことで念願のレーシングカー造りに携わった。1972年に自身の名を冠したコンストラクターを故郷に設立、現在に至る。


1982年 ダラーラ382 フォーミュラ3
 

面白い点はレーシングカーを造りたくてイタリアの名門を渡り歩いた(レースカー設計をエサに勧誘された)けれども叶わず、その代わりに造ったロードカーが先に有名になってしまったことだった。ミウラ然り、デ・トマゾ パンテーラ然り。このあたりの経験もまた今回の本題であるダラーラ・ストラダーレ開発に関わっていると言っていい。
 
実をいうとダラーラが開発に関与したロードカー&レースカーは枚挙にいとまがない。ぱっと思いつくだけでもBMW M1やフェラーリF50GT&333SP、ランチアLC1&LC2、ブガッティ・ヴェイロン&シロン、マセラティMC12、KTMクロスボウ、トヨタGTワン、ホンダRA199などが挙がるし、最近ではランボルギーニ・ウラカンのワンメイク用レースカー、スーパートロフェオもダラーラ開発だった。そのほかダラーラ関与を公表できない秘匿プロジェクトも多い。
 
歴史的にみてロードカーとレーシングカーの両方の分野において、これほどまで名車を輩出した独立系エンジニアはほかにいないと思う。比肩するとすれば古のポルシェ親子かダラーラも尊敬するコーリン・チャプマンだろう。エンジニアでなければエンツォ・フェラーリ……。いずれにしてもジャンパオロの飛び抜けた資質が理解できよう。

文:西川淳  写真:奥隅圭之

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

RANKING人気の記事