ミモザの花をイメージしたポップなフィアット・チンクエチェントが登場

フィアット 500/500Cに、鮮やかなイエローのボディカラーを採用した限定車「500/500C Mimosa」が追加された。

イタリアで女性の日(3月8日)に感謝の意を込めて贈られるミモザの花をイメージしたボディカラーを採用している。毎日がもっと花咲くように。そんな想いが込められているのだ。目に鮮やかなハッピーイエローのボディが、明るく楽しい気分を盛り上げる。

インテリアには、ボディと同じイエローのインストルメントパネルが特別装備され、車内に華を添えている。上品なアイボリーの内装と相まって、やさしい雰囲気の空間が演出されている。



限定車のベースとなっているのは「500/500C 1.2 Pop」で、1,240ccの直列4気筒エンジンを搭載している。ベーシックグレードながら、体型に合わせて高さを調整できる調整式シートや、停車時に無駄な燃料消費を抑えるSTART&STOPシステム、Apple CarPlayならびにAndroid Auto対応のオーディオプレイヤー(Uconnect ®)などを搭載している。

また、500C ミモザは、ワンタッチで開閉できる電動開閉式ソフトトップを備え、オープンエアドライブを気の向くままに楽しむことができる。なお、500Cミモザではアイボリーのソフトトップが組み合わされ、走行中はもちろん、停車中もお洒落な雰囲気を演出するのだ。



2020年3月7日(土)より、計380台限定で販売。500ミモザが208万円(限定300台)、500Cミモザは274万円(同80台/いずれも消費税含む)となっている。

オクタン日本版編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

RANKING人気の記事