「権力の想像」をテーマに│アルカンターラ x MAXXI ローマ国立21世紀芸術美術館

メイド・イン・イタリーの最高品質を誇るマテリアル、アルカンターラとローマのMAXXI 21世紀芸術国立美術館のコラボレーションによる企画展が2020年3月15日まで開催されている。

本企画展では、ドイツのプロダクトデザイナーであるコンスタンティン・グルチッチとの連携により、イタリアのエンジニア セルジオ・ムスメキ、イタリアの建築家ジュゼッペ・ペルジーニ、マウリツィオ・サクリパンティ、そしてレバノンの現代建築家バーナード・ホーリーなど、明確なビジョンを持ったクリエイターの作品を検証している。



テーマである“L’immaginazione al potere” 「権力の想像」は戦後1968年の学生運動でのテーマであり、グルチッチが共通テーマとして5人の異なる主人公を発見するきっかけとなった。4人の建築家、ペルジーニ、サクリパンティ、ムスメキ、ホーリー、そしてイタリア素材ブランドであるアルカンターラの5者の芸術家による未知の領域に出る旅としての建築プロジェクトである。



幅広い世代の方に訪れていただきたい。


MAXXI‐国立21世紀美術館:www.maxxi.art
代表: 06.320.19.54; info@fondazionemaxxi.it
開館時間: 11 am – 7 pm (火・水・日) | 11 am – 8 pm (木・金・土) | 閉館日:月曜日
美術及び建築系学生は火曜から金曜の間、入場無料

オクタン日本版編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

RANKING人気の記事