輸入二輪車ブランドでは初!│警視庁に電動スクーター「BMW C evolution」が納入

BMW

BMWは、BMW Motorrad初の電動スクーター「BMW C evolution」を、警視庁に納入した。輸入二輪車ブランドとして初めて、警察車両として採用されたことになる。

BMWの先端技術を搭載し、普通自動二輪車として圧倒的な航続距離を誇る電動スクーターであるBMW C evolutionは、BMW iテクノロジーを搭載し、環境へ配慮したプレミアムモデルでもあり、2017年5月の販売開始以降、順調な販売台数を維持しているのだ。



BMW C evolutionは、BMW iテクノロジーで採用されている新世代大容量リチウムイオン・バッテリーを搭載し、航続距離が最大160kmの優れたパフォーマンスを実現する。これまでのマキシスクーターと比べて重心を低くしたことにより、快適なハンドリング性能を魅力としている。

交通量の増加、エネルギー・コストの上昇、市街地での車両のCO2排出規制の厳格化が課題となっているなか、BMW C evolutionは、現在および将来のモビリティに求められるニーズに応えた次世代電動プレミアム・マキシスクーターである。


納入された車両は、2020年3月1日(日)に開催される東京マラソン2020での先導車両として初披露される予定。

オクタン日本版編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事