フェラーリ初のPHEVモデル SF90 ストラダーレがiF デザインアワード獲得

Ferrari

フェラーリ SF90 ストラダーレが、「iF デザインアワード」のゴールドアワードに選出された。iF デザインアワードは、67年の歴史を誇り、優れたデザインの証として世界で最も認知されているデザインアワードである。プロダクトはじめ、コミュニケーション、パッケージ、サービスデザイン、建築、インテリア・ 内装、プロフェッショナルコンセプトの7つの分野で構成されている。SF90が受賞したゴールドアワードは75点が選ばれるものだ。

SF90 ストラダーレは、ユニークなバランスで整ったプロポーションを持ち、機能性も優れていることを評価されたのだ。SF90 ストラダーレは、フェラーリが生み出すはじめてのPHEVで、その歴史に新たな章を刻む存在だ。1000cv(ICE:780cv+電気:220cv)というパワーを発揮し、0-100km/h加速は2.5秒だという。フェラーリだからこその、環境に優しいハイパフォーマンスカーだ。

また、フェラーリはiF デザインアワードにおいて、F8 トリビュートとP80/Cでも賞を獲得している。それらは、フェラーリは常に念入りな調査と挑戦、デザイン性の追求をしていることの証でもあろう。

iF デザインアワードのセレモニーは、2020年5月4日にベルリンにて開催される。

オクタン日本版編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

RANKING人気の記事