鈴鹿サーキットホテル本館「MAIN館」が「THE MAIN」としてリニューアル

Photography: Shoujiro KUWANO

1964年の開業以来、SUZUKAを舞台に数々のドラマを生み出してきた名ドライバーたちが心身を癒やしてきた鈴鹿サーキットホテル本館「MAIN館」が、2020年2月28日にリニューアルオープン。“伝説のレーサーたちが過ごしたひとときを感じられる空間”をキーコンセプトに、客室には歴代レースの名場面をモチーフにしたレリーフや、サーキットをイメージさせる室内装飾、ハイエンドなカーマガジンなどが配され、モータースポーツの歴史とともに育まれてきたSUZUKAの世界観を見事に演出している。

ルームタイプは3種類


落ち着いた雰囲気の「エグゼクティブツイン」(メイン写真)はダブルベッドを2台備え、専用駐車スペースを用意。質感の高い今治ブランドのバスタオルやフェイスタオルなどエグゼクティブツインだけの上質なアメニティがスタンバイされる。また、エグゼクティブツイン専用のモータースポーツ特別体験付き宿泊プランも用意。これはレーシングコースをマイカーで走行できるサーキットクルーズへの参加や、このプランでしか味わえない特別料理を提供。エグゼクティブツインの1室の料金は、2万1900円〜5万8500円(2名利用の場合)。モータースポーツ特別体験付き宿泊プランは、1人あたりの参考料金が2万8450円〜3万7550円。


ファミリー向けの「プレミアムツイン」は、子供連れの家族が利用しやすいように、添い寝ができるハリウッドツインベッドを用意。最大定員は大人4名+添い寝幼児2名(3名以上の場合はエキストラベッドを用意)で、1室の料金は1万8800円〜4万9300円(2名利用の場合)。


4つのベッドを常設する2階建ての「グランドメゾネット」は、1階にセミダブル2台、メゾネットにシングル2台をセット。グループ旅行や親子三世代でのレジャー利用にも最適。最大で大人6名+添い寝幼児2名(5名以上の場合はエキストラベッドを用意)が宿泊できる。1室の料金は3万5500円〜8万5000円(2名利用の場合)。


また、利用客をもてなすロビーラウンジもこのたびリニューアルされ、チェックイン時のウェルカムドリンクは、マフラーメーカーが製造したチタン製マグカップで提供されるなど、モータースポーツの世界観を満喫できる工夫も。

各20室の客室が用意され、鈴鹿サーキットホテルのオンライン予約ページから予約申込を受付している。


文・写真:桑野将二郎

RECOMMENDEDおすすめの記事