20周年というタイミングで、日本初の直営店がオープン

1299_s_steinway_makassar_detail_tastatur_fma.jpg.jpg

スタインウェイ(正式名称は Steinway & Sons )は、1853年に産声を上げたピアノメーカー。ドイツからの移民であったヘンリー・エンゲルハード・スタインウェイが、マンハッタンのヴァリックストリートに会社を設立したことから歴史は始まる。その後30年間以上にわたり、ヘンリーと息子たちはモダンなピアノ開発に注力。以来、熟練の職人から弟子へ、世代から世代へと受け継がれる伝統の技術を駆使して、1台ずつていねいにピアノを製作してきた。

今やベーゼンドルファー、ベヒシュタインと並び、世界のピアノ御三家のひとつに数えられるピアノの老舗ブランドである。1880年には、ドイツのハンブルクにも本社機能を置きグローバルに展開。スタインウェイのピアノは、いわゆる"神々の楽器" (The Instrument of the Immortals) として多くのピアノ・レジェンドピアニストに愛されてきた。

lifeculture0_170607_stainway (2).jpg

スタンウェイの日本法人であるスタインウェイ・ジャパン株式会社は、その設立20周年を記念し、国内初の直営店として2017年5月15日に「スタインウェイ&サンズ東京」をオープンした。

lifeculture0_170607_stainway (4).jpg

lifeculture0_170607_stainway (5).jpg

ショールームは、スタインウェイピアノが持つクラフトマンシップ、哲学、美を表現ながらも、歴史を融合させた見事なデザインが採用されている。

lifeculture0_170607_stainway (14).jpg

その神秘的でエレガントな雰囲気の外観の奥には、隠れ扉や秘密のパネルが姿を現す。美しい仕上げと細部へのこだわりは、まさにスタインウェイからインスパイアされたデザインといえるだろう。

lifeculture0_170607_stainway (8).jpg

本棚の対向にはスタインウェイの歴史、哲学、ビジョンを表現したパテントウォールがあり、1857年から取得してきた125以上もの特許が、"砂型"という伝統的な製法によって焼きあげられた真鍮のプレートにそれぞれ刻まれ、展示されている。

lifeculture0_170607_stainway (9).jpg

また、選定室は、リラックスした雰囲気の中でピアノ選びができる空間であるとともに、ピアノにとっても一番いいコンディションを保つよう設計されているという。多くのモデルを試弾できるのはもちろん、限定モデルや木目やデザインの希少なモデル、また、ボストン、エセックスピアノも一度にみることが出来るので、ありがたい。

lifeculture0_170607_stainway (11).jpg

見学・試弾は随時受け付け中だが、予約優先となるため、事前の予約をお勧めする。

lifeculture0_170607_stainway (6).jpg

スタインウェイ&サンズ東京
東京都品川区東品川2-6-4 G1ビル1F
営業日: 火~土 11:00~19:00
休業日: 日・月・祝・年末年始 ※6月10日(土)はイベント準備のため、臨時休業
TEL:03-3450-7270
URL:http://www.steinway.co.jp/

RECOMMENDEDおすすめの記事


RANKING人気の記事