一目惚れだった?│ひとりのエンスージアストがポルシェを好きになったきっかけ

Porsche AG

1990年代から、マーカス・カフカはミュージックジャーナリストとしてMTVといった番組に出演している。そんな彼はポルシェエンスージアストでもあり、1979年 ポルシェ911 SCを愛車としている。

月曜日の午前11時、1台の911がエンジンサウンドを轟かせながら角を曲がってきた。ステアリングを握ってきたカフカは、とても楽しそうで、番組で見る雰囲気と同じだ。

ポルシェ歴はどれくらいですか?
 10年以上ですね。このポルシェはステレオ以外すべてオリジナルです。シートは少しよれてルーフも綺麗ではないですが。いずれも、私が次にやるべきプロジェクトですね。走行距離は20万kmくらいですが、今でも安心して乗っていられますよ。
 

ポルシェを好きになったきっかけは何ですか?
子供の頃、好きな車がポルシェだったんです。はじめてポルシェを見たときのことも覚えています。7歳の時に家族で外にでかけていたら、駐車場に停まっているポルシェ 911 タルガが目に入ったんです。一人の男性が軽快に乗り込んで、エンジンをかけ・・。その時ほど、心を奪われたことはこれまでの人生でもありませんでした。自然と笑いすら出てしまって、腕は鳥肌だらけになっていました。


その時から、いつかポルシェに乗ると思っていたのでしょうか?
7歳では明確には思わなかったですね。父親もポルシェを欲しがってはいましたが、実際に所有することは叶いませんでした。子供ながらに、「大きくなったらお金を貯めてポルシェを買うぞ」なんてことくらいは思っていましたけど。そして、今となってはポルシェオーナーになれていることをとても嬉しく思います。自分の車と同じミニカーも持っているのですが、毎朝目覚めた時と寝る前に眺められるよう、ベッドの横に置いています。ちなみに、そのミニカーは私のガールフレンドが誕生日にくれたものです。私のラブストーリーには、ポルシェが欠かせません。はじめて彼女を迎えにいったのも、3日間の旅行にもこのポルシェで行きました。



愛車のポルシェで最もお気に入りなポイントは?
エンジンのサウンドです。私自身がミュージックジャーナリストでもあり、音楽が大好きなので。だから、ラジオや特別なオーディオシステムを付けてみたんですがエンジン以上に良い音を出すものはなかったというわけです。全然使うことがなくて、これまでの買い物で最も意味がなかったのがそれですね。


色も素敵ですよね。
レアなペトロールブルーメタリックです。天候や角度によって色のニュアンスが変わるのが良いんですよね。太陽の下だと明るいブルーで、曇りだとダークブルーにも見えますよ。何時間でもポルシェのことを見ていられますね。


もし、もう一台ポルシェを持つとしたら何を選びますか?
スティーブ・マックイーンが映画『栄光のル・マン』で乗っていたブラックの911 S タルガです。彼が911に乗り込んで、颯爽と走り去るシーンにはいつ観ても胸が躍ります。

Octane Japan 編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

RANKING人気の記事