希少な11台のアストンマーティンが一堂に│ロンドン・コンクール 2020にはどんな車が?

London concours

2020年6月10日、11日に開催される、ロンドン・コンクールにアストンマーティンを代表するモデルが11台が集まると発表された。

ロンドン・コンクールは、クラシックカーや最新スーパーカーを対象とするコンクールイベントであり、イギリスの車イベントの中でも重要な存在となっている。コンクールイベントというと、ビジネス街からは離れた場所で開催されることがほとんどであるがロンドン・コンクールは、ビルが建ち並ぶ中心地に約100台の車が並ぶことが特徴だ。



2020年、ロンドンに集まるアストンマーティンは、初期のDB2/4からDB4、DB5、DB6、DB7への変遷も辿ることができるようなラインナップになっている。『007 カジノロワイヤル』仕様のDBSも並ぶ。

また、アストンマーティンといえば、ラゴンダの存在も欠かせないだろう。ウィリアム・タウンズがデザインした個性的なウェッジシェイプのサルーンはラグジュアリーで革新的な一台として世界を驚かせたのであった。生産に時間とコストがかかったこともあり、世に出された台数も少ない。



コンクールだけでなく、その場で買えるアストンマーティンも並べられる。完璧なレストアをされたDB4や、低走行のヴァンキッシュなど、スペシャリストたちによって手が施された珠玉のコレクションを購入することもできる。

クラシックモデルだけでなく、アストンマーティン・メイフェアはDBX SUV、DBS スーパーレッジェーラ、その他限定モデルも展示される。イギリスのデザイン、クラフツマンシップ、エンジニアリングを可視化する存在となる。

ロンドン・コンクールのダイレクターを務めるアンドリュー・エヴァンスは「アストンマーティンのような110年以上の歴史を持つブランドから、コンクールに参加するのは11台のみです。つまり、本当に選りすぐりの車しか並べられません。数台は、アストンマーティンの歴史にある魔法をひも解く存在です。私たちのイベントは、車を楽しむだけではありません。時計や、リキュール、ラグジュアリーなサービスなど、車を横にしながら満喫することができます」とコメントした。



登場予定である11台のアストンマーティンラインナップは以下の通り。
アストンマーティン DB2/4
アストンマーティン DB4
アストンマーティン DB5
アストンマーティン DB6
アストンマーティン DB7 V12 ヴァンテージ
アストンマーティン DB9
アストンマーティン DBS ‘カジノロワイヤル’
アストンマーティン ヴァンキッシュ S
アストンマーティン ラゴンダ
アストンマーティン V8 ヴァンテージ
アストンマーティン ヴァンテージ LM

オクタン日本版編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事