シトロエンSMの50周年記念│コンセプトモデルにしたら?DSが投票実施

DS automobiles

シトロエンが生み出したモデルの中でも、特にアイコニックなデザインの一台といえばSMが挙げられる。1970年3月10日に披露されたSMは、ハイドロサスペンションを備え、エンジンには170馬力を発揮するマセラティ V6を搭載した革命的な一台だった。

SMが50周年を迎えるにあたり、PSAのDSオートモビルが“SMが現代風になったら”を想定したコンセプトモデルを発表した。現在は2パターンが公開されているが、実際には6パターンのデザインが創られた。今週から少しずつ公開していく。そして、一般投票によってどのデザインがベストかを決定するとのこと。



デザインは、オリジナルのSMのようなルーフラインになっているが、さらにタイトでメタル感が増している。大きなホイールとタイヤも特徴だ。オレンジ色の一台については、リアタイヤがユニークなものになっている。ブラウンの一台は、フェイスがよりアグレッシブだ。それぞれのカラーも、オリジナルのSMをイメージしている。

他のデザインも気になる方は、DSのFacebookやツイッターをチェックしていただきたい。

オクタン日本版編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事