ベントレーファンにおすすめの2冊│これまでの100年とこれからの101年目

2019年に記念すべきセンテナリーを迎えたベントレー。その100年間を知るため、そしてこれから101年目のベントレーがどのように人々を魅了してくれるのか、期待したくなる書籍2冊を代官山蔦屋書店のクルマ・バイクコーナーが紹介。


The Bentley Centenary Opus(Crewe Edition)  

創業100周年を迎えたベントレーの記念事業として製作された唯一無二の記念資料集。400ページものボリュームの中には、1919年”W.O ベントレー”による創業後の歴史からラルフ・ローレン始めとした愛好家たちの視点、刷新されたコンチネンタルGTの開発場面まで収録されるなど魅力が尽きない。

本書最大の特徴は“速い車、良い車、クラス最高の車”を求め続けたW.Oの情熱的活動の有様や惹かれ集う魅力的支援者達、創業以来続くモータースポーツへの関わりと
設えの良さを誇るクラフツマンシップなど、ベントレーが育んで来た核となる部分を最重要にまとめられている点で、同社のみが持つ「伝統と魅力」が余すところなく収められ、一台ごとが特別な存在であるゆえんを確認、堪能することが出来る。そして誕生した名車の数々と共に、EV化時代に力強い、経営責任者による今後100年のビジョン等にも目を向けていただきたい。

4万4000円 (税込)
ハードカバー・スリーブケース入り/W348×H345/カラー・モノクロ/400p/英語


Bentley A Century of Elegance And Speed

1919年に英国ロンドン郊外で創業されたベントレー社の生誕100周年を祝して出版された写真集。スポーツ性能を有した高級車として、古くから富裕層に愛された一世紀に及ぶ華やかなヒストリーを創業当時から振り返って紹介している。ル・マン24時間耐久レースでは、5回の総合優勝を果たした事からベントレー・ボーイズの名が世界中に知れ渡った。

そんな活躍から現行モデルまで、同社の気品に見合う高いクオリティを誇る煌びやかな写真で構成されている。
同社の真髄とも云える特別注文部門を司る高級コーチビルダー・マリナー(ミュリナー・パークウォード)の紹介と、同社が手掛けた豪華極まりないスペシャル仕様車のコンチネンタルRとS、Tなど代表モデルが内装を含め大判写真で紹介されているのも魅力だ。オーナーやファンは勿論、世界に一台しか存在しない豪華絢爛なスペシャル・モデルをご覧になりたい方にお勧めの記念すべき作品。

専用ケースに収納され、表紙は美しい表面加工が施されたアルミ板で装飾されているというのもポイント。

4万40円 (税込)
ハードカバー/W285×H305/カラー/英語/240p


問い合わせ
代官山 蔦屋書店 クルマ・バイクフロア 東京都渋谷区猿楽町17-5 代官山 蔦屋書店2号館1F
TEL:03-3770-5005 

オクタン日本版編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事