100周年を迎えたスズキ記念ロゴを制定│込められた想いとは?

SUZUKI

スズキは、2020年3月15日に創立100周年を迎えた。

スズキの前身である「鈴木式織機株式会社」は、1909年に鈴木道雄が創業した「鈴木式織機製作所」を前身とし、1920年3月15日に静岡県浜名郡天神町村(現 静岡県浜松市)に創立された。以来、「お客様の立場になったものづくり」という創業者の想いのもと、時代に合わせて織機から二輪車、四輪車、船外機へと進出した。

1954年に「鈴木自動車工業」へと社名を変更し、日本初の量産軽自動車「スズライト」をはじめ、お客様の暮らしに寄り添った商品を数多く世に送り出し、1990年に事業の多角化と国際化に対応するため現社名「スズキ株式会社」となった。

創立100周年を記念した取り組みとして、100周年記念ロゴマークの制定を行った。特徴的な0の形は、スズキのこれまでの100年を表すとともに、これから先も∞(無限大)に続いていくようにという思いを込めている。モビリティを象徴するタイヤのモチーフでもあり、タイヤの後ろに続く3本のラインは、走り抜ける疾走感と、二輪車・四輪車・船外機の各製品を表現している。

併せて、100周年記念サイトも開設。今後、このサイト上にて随時情報発信を行ってゆく。

https://www.suzuki.co.jp/100th/

オクタン日本版編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事