ヒューゴボスがブランドアンバサダーに初めて野球選手を起用

ヒューゴ ボスはプロ野球選手の大谷翔平氏とパートナーシップを締結した。大谷氏は今後、スポーツの世界を超えて、BOSSのブランドを代表して広告キャンペーン等に登場する。

大谷氏は現在、アメリカのロサンゼルス・エンジェルスにて活躍中。アメリカのメジャーリーグ(Major League Baseball)において、ピッチャー・バッターの二刀流として活躍し、メジャー史上初の「10登板、20本塁打、10盗塁」が評価され、全米野球記者協会により2018年のア・リーグの新人王に選ばれた。日本人初のサイクル安打を達成した選手でもある。

ヒューゴ ボス SEAPAC(東南アジアパシフィック)地域・マネージングダイレクターであるマシュー・キーランは以下のように述べている。「大谷翔平氏とパートナーシップを締結したことを本日、お知らせ出来ることに大変興奮しております。彼は野球界で常にベストを尽くし、私たちがブランドとして、また、会社として目指す哲学 - 卓越と成長 - を真に体現する存在です。大谷氏はBOSSにとって間違いなく素晴らしいアンバサダーとなるでしょう。これから彼と一緒に仕事をすることを楽しみにしております」

大谷翔平氏は次のように語った。「BOSSとパートナーとなることになり、大変嬉しく思い、同時に興奮しています。BOSSは今までも着ていて大好きなブランドでした。洗練された革新的なBOSSのスマートでシンプルなデザイン、そして機能性にあこがれていました。BOSSを着ることにより、さらに自信がみなぎることはもちろん、プロ野球選手として移動の多い私の生活をより快適にしてくれます」

www.hugoboss.com/jp

オクタン日本版編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

RANKING人気の記事