6400万画素へ ミドルフォーマットのライカSシステムに新機種が登場

ライカより、ミドルフォーマットのデジタル一眼レフカメラシステム、ライカSシステムの新機種「ライカS3」が発売される。

Sシステムは、撮影に不可欠なあらゆる要素を徹底的に考え抜いたカメラシステムであり、このたび発売する「ライカS3」も、これまでと同様にきわめて高い品質基準を求めるユーザーの期待に応える理想的なカメラだ。

従来機種からの最大の変更点は、撮像素子の画素数が3750万画素から6400万画素へと上がったこと。撮像素子には、従来機種と同様にSシステム専用に開発した「ライカ プロフォーマット」を採用した。「ライカ プロフォーマット」はサイズが45×30mmで、従来の35mmカメラの撮像素子と比べると、アスペクト比は3:2と同じで、面積は56%も大きくなっている。また新たに開発したこの撮像素子は、従来機種よりも画素数が71%増えている。さらに、ダイナミックレンジが15ストップまで広くなっているほか、最高ISO感度がISO 50000に向上。これにより、さまざまな光の状況に対応しながら、ミドルフォーマットのメリットをフルに活かして撮影できる。

また、大型で明るいファインダー、シャープな描写が可能な高速・高精度のオートフォーカス、3コマ/秒の連写機能も搭載。ファインダー内では撮影時に重要となる情報を確認できるほか、電子水準器(水平方向)を表示させることもでき、ライブビュー機能も搭載しており、背面の液晶モニターでライブビュー映像を見ながら静止画や動画を撮影可能。ライブビュー撮影時は、映像と同時にフォーカスピーキング、明るさおよび露出設定、クリッピング警告、グリッド、ヒストグラムも表示できる。なお、ライブビュー映像の表示速度は60コマ/秒となっている。



ワイヤレスLAN機能も搭載しており、モバイルアプリ「Leica FOTOS 2.0」を使ってカメラをリモート操作することも可能。また、GPS機能も搭載しており、衛星からの電波に基づいて、撮影場所や撮影時刻を画像のExifファイルに記録できるのだ。

「ライカS3」のボディ材質にはマグネシウムを、3.0型の液晶モニターのカバーガラスにはCorning® Gorilla® Glassを、レンズマウントの材質には耐久性のあるステンレスをそれぞれ採用している。また、ほこりや水滴がカメラ本体の内部に侵入するのを防ぐために、シーリングを随所に施している。 

Sシステムを構成する重要な要素であるSレンズでも、特殊な構造を採用して防塵・防滴性能を確保している。もちろん「ライカ S3」と組み合わせても、新たに採用した6400万画素の撮像素子にもマッチし、その優れた光学性能を十分に発揮。Sレンズのラインアップのうち6機種がセントラルシャッターを搭載していることも、Sシステムの大きな特長といえるだろう。ふさわしいフラッシュ撮影のための設備が整ったスタジオや屋外などの明るい場所での撮影において、クリエイティブな表現の可能性が大きく広がる。 

「ライカ S3」はライカストア、ライカブティックおよびライカ正規特約店にて2020年3月28日発売予定。

オクタン日本版編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

RANKING人気の記事