250台限定の圧倒的な存在感!│メルセデス・ベンツ Gクラスに特別仕様車登場

Mercedes-benz

メルセデス・ベンツ「Gクラス」の特別仕様車「メルセデスAMG G 63 STRONGER THAN TIME Edition」が登場。

1979年に最高級クロスカントリービークルとして誕生してから、メルセデス・ベンツGクラスは基本的なスタイリングや堅牢なボディはそのままに、常に最適のパワートレイン、装備を加えながら進化を続けてきた。もともとは、軍用車両としてオーストリアのシュタイア・プフとの共同開発で企画されていたものが、普段使いできる車としてアレンジされた。W460、W461、W463とモデルチェンジを繰り返し、2018年6月にはGクラスの長い歴史の中で最も大幅な改良が施された。Gクラスの伝統をメルセデスの最新技術でアップデートすることで、オンロードおよびオフロードにおいて最適なパフォーマンスを発揮する究極のオフローダーとして進化したのである。本国ドイツで発売されたのは1981年だが、そのパワフルさと見た目のインパクトで今もなお根強いファンを集め続けている。



今回の特別仕様において、エクステリアカラーはダイヤモンドホワイト(限定150台)とマグノナイトブラック(限定100台)を用意。サイドミラー、サイドストリップ、ブレーキキャリパー等にシルバーシャドウのアクセントを施し、シックなエクステリアを演出している。さらに、ボディ同色のスペアホイールカバーや、マッドブラックとハイシーンを組み合わせたバイカラー22インチクロススポークアルミホイールを特別装備した。

ベースモデルである「メルセデスAMG G 63」は、オフローダーとしてのGクラスに、AMGのモータースポーツで培ったテクノロジーを搭載したトップパフォーマンスモデルだ。メルセデスAMG社が完全自社開発した、最高出力585ps(430kW)、最大トルク850Nmを発揮するAMG 4.0リッターV8直噴ツインターボエンジン「M177」が搭載されるている。



特別仕様のインテリアには、本特別仕様車専用のチタニウムグレーとブラックのナッパレザーを採用し、特別感を高めている。助手席には“STRONGER THAN TIME”ロゴ入りのナッパレザーグラブハンドルを取り入れた。極めて滑らかな肌触りのAMGエクスクルーシブナッパレザーシートや、通常オプション設定のAMGエクスクルーシブパッケージも装備している。また、トリムの随所にカーボンを採用することでスポーティなインテリアを演出するAMGカーボンインテリアトリムを標準装備した。これは、通常オプション扱いとなるものだ。

標準モデルでも見られない仕様も含め、価格はいずれのカラーも2450万円(税込)となっている。

オクタン日本版編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事