マクラーレンカラーのオレンジを纏ったエルヴァ公開│MSOによるカスタム第二弾

McLaren Automotive

マクラーレンのブランドカラーはオレンジであることは有名だ。そのはじまりは、1967年にブルース・マクラーレンがM6A Can-Amをオレンジにペイントしたことだった。これが彼にとってカンナムでの初勝利となり、オレンジがマクラーレンのブランドを象徴するカラーになった。

そして、今回マクラーレンのビスパーク部門であるMSOが公開したのは、オレンジに身を包むマクラーレン エルヴァだ。先日、MSOは1964年にブルース・マクラーレンがカナダGPに参戦した時のM1Aをイメージしたカラーリングを施したエルヴァを公開しており、それの続編といえる一台だ。M6Aをイメージしたオレンジのボディはパール加工されており、オリジナルの一台よりも落ち着いた印象に。カンナムカーへのオマージュとして、サイドにはメタリックストライプが施されているのもポイントだ。"McLaren Cars"のロゴと、ブルースマクラーレンのサインも入っている。インテリアは明るいカラーで、オレンジのボディと合わさり華やかな印象になっている。



今後も、1980年代のレーシングカーなどをモチーフとしたエルヴァが製作されていく可能性は充分にあるだろう。発表を楽しみに待ちたい。

オクタン日本版版編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事