ラドーの革新的なコレクション2020年最初のデザイン賞を受賞

ラドーの、革新的なトゥルー シンライン レ・クルール™ ル・コルビュジエコレクションが、一つだけではなく、二つの名誉あるデザイン賞を受賞した。

これらの受賞で、ラドーのデザイン賞受賞は40回を上回った。これは時計産業においては前代未聞の快挙である。特徴であるハイテクセラミックスを使用して創り出したこのコレクションは、伝説的建築家兼デザイナーであるル・コルビュジエが考案した建築ポリクロミー理論に由来した9種類のリミテッドエディションの時計。このコレクションは“iFデザイン賞”およびシンガポールの“グッドデザイン賞”の専門委員会メンバーの目に留まり、心を捉えたのだ。



軽さ、耐傷性、低アレルギー性に優れたハイテクセラミックスは、ラドーが1986年から使い続けているマテリアル。時計作りにおけるハイテクセラミックスのパイオニア、そしてリーダーとして、我々はモノブロックケース導入の技術、それ自体が画期的なデザインだが、それだけではなく、完璧に調整された素材と、一貫して明るく鮮やかな色を再現する技術も開発した。今回受賞したトゥルー シンラインは、2011年に初めて発表され、以降、ラドーコレクションの主要アイテムとなった。このトゥルー シンライン レ・クルール™ ル・コルビュジエコレクションは、2019年5月に発表され、そのユニークなルックスと本質的な特性で、世界中でトップ記事として取り上げられている。

その日からラドーは、時計を着用した者に未来の一部をもたらすことで知られている。このコレクションと最新のデザイン賞は、トゥルー シンライン コレクションの業績と、時計作りの歴史におけるその地位を確固たるものにした。

オクタン日本版編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事