飛びぬけたポルシェ愛を持つ女性!│誰もが認める「ポルシェ・ガール」が求めるものとは

Porsche AG

カリフォルニアに住むリサ・テイラーは、鮮やかな色のポルシェへの強いこだわりを持つ。黄色だろうと、ピンクだろうと、青だろうと、明るい方がいいのだという。

リサ・テイラーは、ディズニーランドからほど近い、ヨーバ・リンダの私有牧場に、ポルシェへの情熱を共有し合う仲間たちを頻繁に招き、共に時間を楽しんでいる。最近では300台ものゲストが、それぞれのお気に入りのモデルで駆け付け、その中には数えきれないほどの911や、歴史あるポルシェのディーゼル・トラクターも含まれていたそう。リサ自身も、急いで納屋から1956年式のトラクターを引っ張り出し、時速20㎞以下で走り抜けたと言う。「あれはすごく楽しかったわ!1956年式のマニュアルトランスミッションがとても気に入っているの」と笑顔で語った。

彼女は古いマニュアルトランスミッション車両や、ヴィヴィッドな色の車体を愛している。「ペイントは、その車両のキャラクターとマッチしていないと意味ないの」と語る彼女にとって、ねずみ色のスポーツカーなど、彼女の納屋の中に納まることは100万年経とうともあり得ないことである。鮮やかな“スタールビー”、“マリタイムブルー”、“レーシングイエロー”に塗られ、ピカピカに磨き上げられたポルシェ達が、彼女の納屋の中で、静かに次の走りを心待ちにしながら列をなしているのである。



ポルシェの魅力に出会う前には、リサは牧畜業を営みながら、乗馬を楽しんでいた。2002年には、ハワイで初めて馬を購入し、カリフォルニアへ空輸、「ラワイ」と名付けた。しかし、落馬事故に合い腕と腰を骨折してしまって以降、彼女は乗馬界を引退することを決意。「わたしは馬からポルシェに乗り換えたの。こっちの方が安全でしょ」と笑いながら話してくれた。

すべての写真を見る

現在、リサはオートクロスレースや、ポルシェ公認のドライビングインストラクターとしての職務へ、そのスピードへの情熱を余すことなく注いでいる。だからこそ、彼女のガレージでRSやターボの車両が群をなしているのを見るのは、まったく驚くことではない。ガレージの中には、巨大なポルシェの紋章が木壁を飾り、その隣には、額装された記念品や、パトリック・ロングのLAで行われたルフトゲークウルト・ポルシェ・ギャザリングのポスターが飾られている。シーリングファンがガレージの中で美しく配列されている2016年式のスタールビー色の911GT3 RSなどが、彼女のコレクションを美しく照らしている。



かつて、鮮やかなピンク色の塗料もスタンダードなレパートリーに含まれていた。しかし、今日ではPTS(Paint-to-Sample)プログラムの一部となっており、テイラーが実際にスタールビー色の911GT3RSを手に入れるまでに1年半もかかっている。そしてGT3 RSがトラックから降ろされたその日、知人から購入額の10万ドルも上回る金額で購入のオファーがあったが、テイラーはその交渉には応じなかった。彼女が“ルビー”と愛情を込めて呼ぶそのスポーツカーは、販売対象外(Not For Sale)なのである。

かつて、彼女は車に名前をつけて呼ぶ人をおかしな人だと笑っていたが、今では自分自身がその一人であるという。そこには非常に明確な理由があった。それはある日テイラーとパートナーのトムが、次に走らせる車の相談をしていたときのことだった。「次はポルシェにしよう」というだけでは、把握しきれなくなってきていたのだ。そこから、それぞれの車体の色に合わせてニックネームをつけるようになったのだと言う。

ブードゥーブルーの911GT2 RSは“ブディ”、マリタイムブルーのGT3は“マリ”、レーシングイエローの2019GT3 RSは“バンブル・ビー”、そしてアメジストメタリックの911ターボSには“アメ”と名付けた。特にこの“アメ”にはテイラー自身とても思い入れがあると話す。ライプツィヒの工場で出会い、すぐにそのままオートバーンを下ってニュルブルクリンクへ向かったのだという。そこで彼女は、そのまま時速260㎞で「グリーン・ヘル」を走り抜けた。テイラーは車の屋根を愛撫しながら、嬉しそうに「すべてが最高の車よ」と語った。

オクタン日本版編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

RANKING人気の記事