「新しい甘い生活」フェラーリ・ローマが日本初上陸│招待客限定のプライベートビューを開催

Ferrari

2019年11月に、フェラーリの最新V8 2+クーペであるフェラーリ・ローマが発表された。"新しい甘い生活"を意味するイタリア語“La Nouva Dolce Vita”をコンセプトとし、1950~60年代における、ローマの自由なライフスタイルを現代的に再解釈していることから"Roma"と名付けられた。当時のエレガントな要素を、モダンなフォルムへと大胆に生まれ変わらせ、息をのむ美しさと最高のパフォーマンスを完璧に融合させたモデルになっている。



エンジンは、4年連続でインターナショナル・エンジン・オブ・ザ・イヤーを獲得しているV8 ターボ・ファミリーの一員を搭載。その最高出力は620cvを誇る。8段ギアボックスを備える新パワートレインや、5ポジションのマネッティーノ、クラス最高のパワーウエイト・レシオなどにより、ミドフロントV8の歴代 2+クーペの中でも、最もパワフルでドライビング・プレジャーにあふれる一台に。



そして、そのローマが日本初上陸を果たし、4月2日(木)より全国のフェラーリ・オフィシャル・ディーラーにおいて、招待客限定のプライベートビューを開催する。

フェラーリ・ジャパン株式会社 代表取締役社長フェデリコ・パストレッリは、「フェラーリ・ローマは、フェラーリの歴史の中で、最も楽しいミドフロント・エンジン V8 2+クーペとなるでしょう。また、デイリーカーとして、日本のお客様に優れた快適性と運転体験をお届けできることを期待しています」と述べた。

オクタン日本版編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事