液体で時刻を知らせる機械式腕時計、H2 トラディション

時計の歴史はきわめて古く、遡っていくと古代エジプトにまでたどり着く。最初に考案された時計は日時計だったといわれているが、その次に考案されたもののひとつが、悪天候や夜間など、太陽の有無にかかわらず時刻を示すことの出来る水時計である。

170609_chrono_h2.jpg

それから約3400年経った2012年、特殊な液体を用いて時刻を表示する機械式時計を世に送り出すブランドがスイスで創業した。HYT、正式名称はHydro Mechanical Horologist (ハイドロ・メカニカル・オロロジスト)である。

SkullPocket-News3-800x440.jpg

HYTのタイムピースが時刻を示すメカニズムは極めてユニークだ。ダイアルに備え付けられたキャピラリー(毛細管)に2種類の液体(着色・低粘性 / 透明・高粘性)が入っており、それらの境界線を2基のベロー(ふいご式ポンプ)の圧力差により動かす仕組みとなっている。高級機械式時計の技術と、最先端の医療や化学、物理学、宇宙光学といったイメージを彷彿とさせるデザインが高く評価され、2012 年にはジュネーブウォッチグランプリを受賞している。

HYT-H2-Tradition-Side-300-RGB.jpg

そんなHYTが、これまでとは一風変わった趣を持つモデル「H2 トラディション」を発表した。同ブランド初となるギョーシェ彫りや、優美なエナメル文字盤、ブルースチール針など、伝統的なスイス高級機械式時計のディテールを取り入れている。

HYT-H2-Tradition-Mush-300-CMJN-JPEG.jpg

時刻を示すキャピラリーの液体はブルー。クラシカルなディテールとの対比は極めてユニークだ。搭載されるムーブメントはHYT の長年のパートナーであるAPRP/オーデマ・ピゲ ルノー・エ・パピによるもの。

コンテンポラリー・クラシックか、あるいはレトロフューチャーか。「H2 トラディション」は2017年4月から販売が開始されている。価格は税抜きで2516万円。世界限定50個しか生産されないので、気になる方はお早めに。

お問合せ先:オールージュ
東京都港区虎ノ門5-11-1 オランダヒルズ森タワーRoP 807
TEL:03-6452-8802  URL:www.eaurouge.tokyo

RECOMMENDEDおすすめの記事