エイプリルフールのジョークからうまれた 針まで黒い漆黒の腕時計

H.モーザより新作3モデルが発表された。ブランドの中でも不動の人気を誇るブラックの文字盤素材、Vantablack®︎を採用したシリーズだ。この3つのモデルの発端は、なんと2019年の4月1日エイプリルフールにソーシャルメディアで発表した”真っ黒なダイアルに真っ黒な針の時計の画像”からはじまった。もちろんはじめはジョークのつもりだったのだが、これに興味を持った顧客からの要望が殺到したため、ブランド側で実現に向けて真剣に取り組んだのだという。

Vantablack®︎ は人工的に製造されたものの中では最も黒いとされている。人間の髪の毛に例えると1万分の1という極めて細かいカーボンナノチューブ(筒状炭素分子)で構成されている。この Vantablack® に当たると、その 99.965%は吸収されてしまい、人間の目で対象物を認識するには光の反射が必要なため、物質として認識されないブラックホールのような存在なのだ。大変デリケートな素材のため、 採用にあたっては構造を整備して特殊な工程を開発する必要があったといいH.モーザー社では、サファイアクリスタルの奥に収めて保護することで、その問題を解決した。

ダイヤルを見つめるたび、奥ゆかしく吸い込まれるような感覚は一度見たら忘れられない。また、このモデルではじめて採用された同じくブラックの針や、ロゴやインデックスをも排除したシンプルかつ美しいビジュアルに仕上がっている。ミニマルでタイムレスなデザインだ。


ベンチャー・コンセプト WG (39㎜)
  リファレンス 2327-0222、ホワイトゴールド製モデル、Vantablack® ダイアル、ブラック針、ブラッ ク アリゲーター レザーストラップ  、 ムーブメント 自社製手巻きキャリバー HMC 327 、 振動数:18,000 振動/時 29 石、パワーリザーブ:約 3 日間 、4月発売開始、295万円(税別)


ベンチャー・コンセプト XL SS (43㎜)
 リファレンス 2327-1213、ステンレススチール製モデル、Vantablack® ダイアル、ブラック針、ブラ ック アリゲーター レザーストラップ 、 ムーブメント 自社製手巻きキャリバー HMC 327 、 振動数:18,000 振動/時 29 石、パワーリザーブ:約 3 日間、入荷未定、290万円(税別)


エンデバー・トゥールビヨン SS/DLC 
  リファレンス 1804-1206、ブラック DLC コーティング ステンレススチール製モデル、Vantablack® ダイアル、ブラ ック針、ブラック アリゲーター レザーストラップ、50 個限定製造 、 ムーブメント 自社製 HMC 804 自動巻きキャリバー、 振動数:21,600 振動/時、ラチェット式両方向自動巻きシステム、18K レッドゴールド製ローター、H. Moser & Cie. ロゴの刻印 パワーリザーブ:約 3 日間、入荷未定、840万(税別)


また、これらのモデルは全て、新設された専用のオンラインサイトで購入することができる。
店頭に行かなくとも、気になる良質なモデルを迅速に購入することができるのは、このご時世の需要にマッチしているように感じる。ぜひこちらもご確認いただきたい。

オクタン日本版編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

RANKING人気の記事